バリ島サヌール クーラーのある安価なワルン|Warung Mano

最終更新:

こんにちは。

今日は、去年バリ島在住時に時々通っていたお店のご紹介です。

こちらはサヌールにあるワルン マノ。

ワルンっていってもちょっと入れないわレベルのダーティーな店からカフェ並みに美しい内装の店までいろいろある・・・ということは住んでいて気付いたことでした。

この日注文したのはハンバーガー。

バリ島でハンバーガーというと、カフェなどで普通にメニューにのっていたりして少し驚き。私の中で長年固定化されていた「ハンバーガー=マ〇ドナルドなどのファーストフード」という図式がガラガラ壊れた感覚でした。

この、あちこちのカフェなどで提供されるハンバーガーは大抵かなりおいしいですし、大きさはノーマルでも食べてみたらお肉がファーストフード店のソレとは全然違い、だいぶニクニクしていておいしく、満足感が高いです。

上記は38000ルピア≒300円のビーフバーガー。おいしかったです。

そして私の大好きなManoのチャイニーズナシゴレン。こちらは20000ルピア≒155円位と超お安く更にめっちゃ美味しくて、日本の焼き飯そのものです。

バリ島暮らしも最初の1~2か月位はいいのですが、それ以降はだんだん日本の食事が恋しくなってきだすので、日本風な味わいのこのナシゴレンはうれしかったです。

モヒート(18000ルピア≒140円)も美味しくて、これはよく家でもライムと炭酸買ってきて作っていました。でもお店で飲んだほうが断然おいしかったです。

ここは税金がかからないので、本当にお安くてびっくり。正直、自炊するほうがかなり高くつきます。

Warung Mano

場所はこちら。住んでないとなかなかわかりづらい場所かもしれませんが、住んでいたアパートメントからは自転車で一直線。

こちらのお店はクーラーがあることが利点でした。そしてお店も綺麗。ただ、クーラー部屋に入る人はなぜか少なく、西洋人はほとんどテラスで食事していました。あっついのに、謎です。

時々、ガイドさんと一緒に来ている観光客の方々も見かけましたが、普段はいつも空いている・・・という印象でした。

こんなに安くて店もきれいでクーラーがあって料理もどれも日本人に合う味付けでおいしいのに空いてるって不思議でしたが、もしかしたら立地かもしれませんね。

流行ってくれることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です