バリ島お土産その5|ボカシオイル 万能薬

最終更新:

こんにちは、Candyです。
久しぶりですね~、忙しかったです。(デボちゃん風)

今日は、お土産で買ってきたボカシオイルについて少し書いてみます。

ボカシオイルとは?

バリでは一家に一つは置いてある常備薬なので、バリ人はもちろん在住外国人で知らない人はいないくらい有名なオイルです。

200種類以上の薬草、香草と特別な製法で作られた 天然成分100%のオイルで、体につけても、飲んでも、入浴時に湯船に数滴たらしてもよしの何にでも使える万能薬なんです。
例えば、皮膚病、捻挫、筋肉痛、腰痛、打撲、リウマチ、体臭予防、腹痛、滋養強壮と、蚊に刺された時にも効きます。

詳細はこちら↓
ボカシオイルはバリ家庭の常備薬

なんだか素敵なオイルでしょう?バリに住んでいるときはいろいろな不具合をこれで対応しました。

日本から持って行った薬は「頭痛薬、ビオフェルミン」だけだったので、それ以外の急な体調不良にボカシで対応。

※私は普段、薬は極力飲まない人です。

「なんで薬飲まないの?信じられない!」ってまわりから結構非難を浴びましたが、非常事態以外はできるだけ自然に治したいな~という思いです。

しかしそれは医療が整ってる日本在住だからよいのであり、途上国で住んでいる場合は腹痛のような軽度なものでも悪化するととんでもないことになるので、今では薬も場合によっては必要と考えるようになってます。

この、バリで買うと非常に安価な万能薬ボカシオイルは、インドネシア国内のドラッグストアやコンビニ、スーパー等で売ってます。バリリピーターの方にとても人気みたいですね。

私もバリのお土産はボカシでお願い、、と言いたいくらい。

気になる価格は
12ml Rp20000≒158円
35ml Rp45500≒360円

(2018年11月現在の価格)お値段はお店によって若干上下します。

サイズ展開は3種類。
持ち歩きに便利な一番小さい12ml、
少し大きめの35ml、
大きな140ml、←ちょっとでかい。

大きなサイズよりは12か35mlあたりを数本買うほうが品質劣化せず使えそうな気もします。そんなにドカドカと大量に使うものではないため。

日本でもネットで買えますが、7~10倍ほどの値段になっていて高額です。インドネシアに行く際には幾つか買っておくといいですよね。

私が2018年11月に購入したものは2020年10月末までと印字されていますので消費期限がある=そんなに買いだめできない。

何に使ってる?

私は頭痛がよく起こるので、ボカシオイルを2滴ほど痛いところに塗り込んでいます。大体は額ですね。前頭葉がいたくなることがほとんどのため。

前頭葉が痛むのは、2019年3月に酒を飲みすぎて意識朦朧状態でコケてから(コケたのも覚えてないですが、一緒にいた人の証言と、翌日顔にうっ血した痣が・・)でありますので、現在はお酒の魅力は低迷し、欲しいと思わなくなりました。

重い頭痛になってしまうとEVEが必要となりますが、「おぉぉっ、軽い頭痛がきたかなズキズキズキ」の初期段階ですと、塗れば実際頭いたいのなくなるんです不思議!

しかし頭を振ると頭痛が起こるので、治ったかもというのは気のせいかもしれません(笑)気のせいでも頭痛薬を飲まないでいられるならOKかなと思ってます。

私が額に塗るときはお化粧をしていない状態で塗り込みます。その上からお化粧をすることもありますが、化粧して出かける時はやっぱりEVEを飲んでしまいます。

肩こり・筋肉痛

肩こりや筋肉痛などにもいいようです。
とりあえず痛いとこに塗ったら緩和されます。

皮膚のかゆみに

バリの雨季シーズンに水道の水質悪化が起こってることに最初気づかず、ウォシュレットやシャワーであちこち痒くなり酷い状態になりました^^;

痒いとこにボカシ塗ると痒みがかなり軽減。

勿論、粘膜など弱いところはダメでしょうけど?その微妙なところへは自己責任でどうぞ。粘膜は染みます。かなり~痛いです!←塗ったんかい。

正直、雨季シーズンの酷い時期(大体10~2月)はバリに行きたくないかなと思ってます。勿論高級ホテルに毎日泊まれる財力があれば無関係ですが。

3月になればまだ雨季ではありますが私は大丈夫でした。

蚊に刺されたときもボカシを塗ります。ウナコーワのような効果はないですが、日本のかゆみ止めがないときは威力を発揮します。南国へ行くときは、ウナコーワ必須。虫よけは沢山売ってますが、刺された後の薬はあまりないです。

そもそもバリの人は蚊にあまりさされないのでモスキート(蚊)を気にしてない=食べているもの(香辛料など)で、すでに体が虫よけ状態、とのことでした(バリ人談)

いいですね。素晴らしい。

腹痛に

あとは、ボカシオイルをコップの水に1~2滴たらして飲めば腹痛も緩和される、というのをやってました。

BETADINE

こんなのも買ってみました。
所謂「ヨーチン」です。購入先はプラザレノンのパパイヤスーパー、15mlの小さなサイズで120円くらい。

詳細
http://betadine.com/for-consumers/betadine-first-aid-solution/

詳細ページを翻訳すると、

(10%ポビドンヨード)
軽度の切り傷、こすり落とし、および火傷で速やかに細菌を死滅させる10%ポビドンヨードの水溶液
未成年者の感染予防に役立つ応急処置
・カット
・擦り傷
・やけど
~使用方法~
患部をきれいにする
少量の製品を1日に1〜3回その領域に塗布する
ベタディン®が塗布されている場所には、茶色が表示されます
滅菌包帯で覆うことができます
包帯されている場合は、最初に乾かしてください

とのことです。
日本のヨーチンと同じ使い方でよいかと。

買ったものの、ヨーチンが必要になることは現在はないかと思いますが^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です