柔軟剤の香害について思うこと

最終更新:

こんばんは、Candyです。

最近Twitterのタイムラインに、知らない人のやり取りですが
「ユニクロ通販したら試供品の柔軟剤ジェルボールが入ってて臭すぎて頭痛がした。」
「最初はいい香りと思ったけど洗濯に使用して部屋干ししたら一日中部屋の中が臭くて辛かった」
のようなご意見が複数見受けられ、世の中「香害」で辛い思いをしてる人がいるんだなと改めて思いました。

一体どんな強烈なにおいなのか?どぎつい香水みたいな感じなのか?とにかく香りが好みじゃないものが買った服とともに送られてきて匂いが服についてしまってるというのはなかなか、、嫌ですね( ;∀;)

「柔軟剤の匂いが辛い、隣の家の洗濯物から漂ってくるだけで苦しい、他人の服から香る柔軟剤もキツイ、集合住宅の場合は排水溝から上がってくる近隣の洗剤の匂いが辛い」というようなやり取りもあり、数年前よりは香害について意見を言う人が増えてきたなという印象です。

柔軟剤や洗剤の香りをいい香りとして認識している多くの人には「何を大げさな」とうつる恐れが高いですが、害を感じている人は体調悪化もあるのでちょっとだいぶ問題かなーと思います。

柔軟剤で頭痛やめまい?広がる「香害」の実態 東洋経済

香りに害と書いて「香害(こうがい)」――。今、香水などの香料による体調不良を訴える人が増えている。

中でも、やり玉に挙げられているのが、衣類の柔軟剤だ。さわやかな香りがする一方で、頭痛やめまい、吐き気などに悩まされるケースが出ている。NPO法人・日本消費者連盟(日消連)が今夏に2日間限定で開設した「香害110番」には多くの“通報”が相次いだ。

柔軟剤 多くの人はいい香り

この香害、「くさい、匂いがキツイ、苦しい、頭痛が、、吐き気が」
自分がなってみて初めてわかることと思います。

多くの人は「むしろいい香りと思っている」又は「その香りにほとんど気づかない」ので、香害を訴えても単に大げさな人としか認識されず軽くあしらわれて終わりになりがちかもしれないです。

でも本人は頭痛吐き気まで出てくるので害でしかないんですよね。
理解が必要ですよね。。
私も自分がなってみてようやく理解できたくちなので大きなことは言えません。

日本の柔軟剤は私平気なのです。自分でも使ってます。しかし正直どっちでも良いのでならば今後は買わないようにしてもいいかなと思い始めました。

バリ暮らし 洗濯サービス不要です

バリ島でそこそこのアパートを契約すると、部屋のクリーニングサービスがついてまして、うちは週1回、部屋、ベランダ、水回りの掃除、床の消毒、ベットメイキング、そしてシーツのクリーニングがありました。勿論家賃に含まれているわけです。

ほんとはセキュリティ的には留守中勝手に部屋に入ってもらいたくないし、掃除は自分でしたいです。
が、それより問題はシーツ、布団、枕カバーのクリーニングの柔軟剤でした。

クリーニングしてもらえるなんてラッキーなはずなのに、柔軟剤の匂いが合わずというかほんとに絶対無理なレベルで、部屋に入ると即座に頭痛吐き気。。息ができない。

ドリアンのほうがましだ!
言い過ぎ?!
いえいえそれくらい、ドリアンとは全然違うニオイですが、苦しみはそれ・・以上。
わかっていただける?

ちなみに、他のヴィラ、アパート暮らしでのクリーニングでは全然大丈夫だったので、今回たまたまこのアパートが贔屓にしているクリーニング屋さんの柔軟剤(もしくは洗剤)の香りがダメだっただけと思います。けしてバリ全体の柔軟剤にケチをつけているわけではないです(*´ω`*)

布団類は世帯分あり、クリーニング後、次どの布団セットが自分家にセットされるかわからないという、ちょっとデリケートな人には嫌かもしれない布団いっしょくたサービス。
私は気にしないことにしましたが。

布団やシーツから発せられるドギツイ柔軟剤の香りが部屋中に充満し、ドアを開けていると廊下の外まで匂ってました。

布団一式 なぜか新品ありがたや

忘れもしない、8月17日インドネシア独立記念日。
少し前から国旗を飾るお宅が増えだし、この日は多くがお休みになるから掃除もないだろうと思いきや、掃除デーでした。

そして何故か布団が新品に。
新品なので無味無臭。
し、しあわせやぁ~。
もう、布団替えなくていいし、クリーニング要らないし、アパートを退去するまでずっとわたしこの布団にしてほしい。

そう言えたらどんなに良かったか。
でも、言えなかったです。

ちょっと生地素材がガサガサっぽかったのでややチクチクしましたが、そんなことより無臭なことのほうが大事。

しかし残念無念、1週間後には布団一式を交換され~、また柔軟剤に苦しむ日々がやってきました。

なんかいろいろ気を使ってしまいました。
なんとなく、「くさい」というのは気が引けますでしょ?
たとえ相手が布団でも・・・(^・ェ・^)(^._.^)

さくっと言えばよかったかもしれませんが、日を追うごとに言う機会が遠のき、今言っても「え~?今更?」と思われそうとか考えてしまいました。(なんでも考えまくる悪い癖)

たぶん、海外でこのような妙な気の使い方は不要と思います。
はっきりと「この匂い苦手なので、洗濯は自分でしますねありがとう~」で良いかと。

辛すぎる 自分のシーツに取り換えよ

シーツ交換してもらってすぐで申し訳ないけど、自分で洗濯してるいい香りのシーツに取りかえました。(すぐ取り替えるのは気が引けます・・・ごめんなさい)

使用洗剤はバリで売ってるアタック←えぇ香り。
(ちなみに”Rinso リンソ”という洗剤は臭くて苦手でした。苦手ってだけで頭痛などは起こりませんので大丈夫。好んでは買いませんが。)

で、ですね。
ニオイの強すぎるクサイシーツも上布団も大きなビニール袋に入れ、口をしっかり縛って空気が漏れないようにしスーツケースに押し込み、蓋をしめシャットアウト。

これで匂いが漏れない、換気すればOK~。
ただし、掛け布団がない。
南国ですが夜、寒くなる時期もあります。
仕方ないので大判バスタオルを掛布団にしていました。

↑こちらの速乾大判バスタオル、いろんな場面で助けられました。
これバックパッカーさんたちに人気ですね。私も真似してバスタオル三枚買いました。

そして・・ある日のこと、
自分のシーツを使用しているときに大家さんが家に来ちゃったことがありました。

大家さん「わぉ!可愛いシーツ!あなたの?」
私「イエス」
大家さん「・・・・・で、うちの布団は?」
私 (‘_’)ぁ・・・シマッタ。

スーツケースを開けて見せ、「ここです、汚れないようにココにしまいました」

ちゃうやん~!ちゃうやん~!
これでもうこの件で発言する機会を失い、どんどん泥沼にはまっていくのでした。

合わない香りの香害、本当に死ぬほど辛いです。
経験して初めてその強烈さに気づきました。
ほんとに吐き気までもよおすし、自分の部屋がクサイって嫌ですね。

それ自分の匂いじゃないのに、クリーニングしたてのシーツのせいなのに、人がうちに来たら「何この匂い」って思われそうじゃないですか。

↑フィットネスジムで借りていたヨガマットが超汗くさかったのでkispray(金色)というバリでは一般的な消臭除菌スプレーを買いましたが、実はこれもいい香りではなくて。

これいい香り~って書いてる日本人のブログがあったので、そうかそうかと同じものを買ったのですが笑。
残りはバリに置いてきました。(捨ててませんです)

どちらかというと日本人は海外で香害にあう可能性のほうが高いと思いますが、こんな吐き気まで催した場合、皆さんならはっきり大家さんに言いますか?

もし日本人オーナー相手なら「ちょっとこの香りが強くて頭痛が起こるので、柔軟剤不使用にしてくださいますか?」と言ってたと思いますが、このアパートの大家さんはバリ人だったので、細かい言葉のニュアンスが伝えられず、なんだか誤解を与えてしまいそうで言えませんでした。

だめですねぇ。
もっとはっきり言わなきゃ!ですね。
ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。