京都駅近くの「石焼炒飯店・台湾小籠包」

こんにちは、Candyです。

今月は糖質制限ダイエット最後の大詰め、でありますが、実は糖質をほんの少しづつ増やしつつある生活をしています。

なので体重が減ってないのですが(*‘∀‘)。

今までの傾向からみて1日1日の体重変化が「減って、ちょぃ増え、ちょぃ増え、ちょぃ停滞、がくんと減って」の繰り返しなことに気づき、結局なところ体重スパイクのような増加になっても1~2週間後には減っていってるのでまぁいいんじゃないの?という感覚があります。

というわけで昨日、外食を愉しもうーとヨドバシ最上階のレストラン街「台湾小籠包」へ行ってきました。外食がメインではなく、親しき友に会うのが目的。

京都ヨドバシの場所

京都駅から近いです。
京都タワー付近。
まぁ~このあたりは外国人だらけでにぎやかです。

かなり久々に炭水化物摂取の日

回鍋肉と石焼やきめし、小籠包のセットをチョイスしました。
コメなんぞ、久々すぎてだいぶ感激。
コメ、こんな美味しかったっけ~?!

一応、メインは回鍋肉を選んだところは、できるだけ糖質の少ないものということで気をつけてみました。

お向かいのイケメンはエビチリのセットです。

小籠包、皮おいし~!(^^)!
皮ですよ皮。
今日は炭水化物を摂取しても全く気にしない日にしました。

会話が面白すぎて食べるのがゆっくりになり、血糖値の急上昇も控え目だったような気がします。
あくまで「気」がするだけですが。

なんとなく、血糖値が上がったーとかわかるようになりました。
脳に素早く栄養が行く感覚と、お腹がずっしりになる感覚です。

スタバ

更に糖質モノをいただきに。
ホワイトモカ グランデサイズをオーダー。

ちょっと、久々すぎるホワイトモカですよ。
甘いっす。
こんなに美味しかったかしら?
やっぱ、ホワイトモカは最強です。

ホワイトモカフラペチーノが通常メニューにあった時代が懐かしいですが(今は無い)暑いときに暑いものを飲むのもおなかには良いので、フラペチーノじゃなくても良いですね。

お向かいのイケメンはカフェモカ グランデサイズ。
甘ーっと叫んでおりました。

そうやろ^^?甘いやろ^^?まぁたまにはぇぇで。

SMART ICOCA

いつも京都市内ならどこでも自転車で行きますが、今日はJRで出かけました。ICOCAにお金が入ってないので5000円チャージ。

クレジットカード不要で、ただチャージ額を押すだけでクレジット決済されてしまうので何気に怖いカードだなと前々から思ってました。だって誰でもチャージできるんですよ。もし落としたら(落としたことないが)。。

もう解約して普通のICOCAカードにしようかな?と調べてみましたが、普通のICOCAはクレジットでチャージできないとのこと。

クレカポイントをためているので、仕方ない。もう少し持っておこう・・
電車に乗る機会は早々ないので、主に電子マネーとして使用が中心です。

昨日は糖質をいつもの数倍摂取したので、駅から家までのウォーキングがちょうどいい運動になりました。糖質を摂取してもすぐ歩けば良いそうで。

今朝、体重計測してみたら?

昨日の炭水化物で体重増えてると思いましたが、なぜか200g減♪

しかし気にすべきところは一時的な体重の増減ではないのです。

炭水化物を摂取すると飲んだ水分も全部取り込むので脱水症状にならず、糖質制限中よりはだいぶ水太りになる(水太り状態が一般的に普通の状態とも言えますが)。

炭水化物を摂取すると、別にお腹すいてないのに「もっと食べたい」という食欲が増大してしまうことが問題。特に糖質と脂質の組み合わせはデブになる最悪の組み合わせだそうで。それ、一番美味しい組み合わせですけど~ね(^_-)-☆

昨夜も帰宅後、すぐに寝ないので枝豆からスタートして、明太子、切り干し大根、クリームチーズ、コーヒー!!!←ほらほら、普段全くおこらない追加の食欲が。。

とまぁ部屋と冷蔵庫を何度も行き来して、冷蔵庫にあるものをだらだら食べてからすぐ寝ました(あほ)

でも体重減ってた謎。
昨日、楽しすぎたせいかもしれない。楽しいから太らない( ^)o(^ )勝手な解釈。

もし、一時的に体重が増えてもまたすぐ落ちますし、長い期間を要して蓄積した体脂肪ではないのでそんなに気にしないでいいですね。

まだ40キロ台には行ってなくて50キロをうろうろしてますが~、月末には49.5くらいにはなってたらいいな。

今日のブランチ

今まで禁じていた牛乳もたま~にならOKとし、500mlパックを買ってきてカフェラテ作成。ミルクは150ml使用。低糖質ブランパンも週に2~3回はOK。

あとはささみと明太子、きゅうり。
冷蔵庫にあるものを適当に盛りました。

糖質が入ったのでお腹がどっしり安定、元気もりもり。
ではまた。

コメントは受け付けていません。