Android|Huawei P30lite開封&初期セットアップ、データ移行

最終更新:

こんにちは、Candyです。

昨夜新しいスマホ(Huawei P30lite)の開封、データ移行をしました。その模様をメモしておきます。

こうゆうのすぐ忘れる。もう1年半前にしたことをすっかり忘れている。その時はメモしてなかったです( ^)o(^ )

Huawei P30lite 開封

Huaweiのパッケージはいつも同じ感じで素敵です。なんだかんだあるHuaweiですが私はこのメーカーのスマホが好きなんで!

でもグーグルが使えなくなるかもしれない未来?を想定すると、この機種が恐らくグーグルが使える最後の機種かな?と思ったので買いました。

2万円を切ったP20liteも検討してましたが、超広角カメラが搭載されていない、HDD32GBであることを知り、やっぱP30liteじゃないといやだなぁと。P30LiteはHDD64GB。

実はまだ買うつもりなかったですが、アマゾンのセールでいきなり27980円に値下がったので(しかもスピーカー付き←入荷待ち)購入しました。

現在、ヨドバシなどでは35510円(ポイント10%還元)で販売されているのでだいぶお得でした。

夜の撮影なので写真が黄色っぽいのが残念ですが、開封してしまいたかった。

雫型ノッチ搭載です。
その魅力がよくわかってませんが。

今使っているHuawei nova lite2より液晶は大きくなってます。

色は、白、黒、ブルーの三種で私はブルーを選択。光線により色が変わるのが魅力的!ビューティフォー!

キラキラ~。
でもがっつりカバーつけるので見えなくなりますがね。

当然ですが、Huaweiのスマホは液晶フィルムが最初から貼ってありますので張り替える手間も気泡が入りまくってショックをうけることもありません。これは私にとって重要なポイント。

Huawei P30lite 付属品

有線イヤホン
専用ケース
急速充電器:2A
コード:タイプC

今回から充電がタイプCになりました。

嬉しいのがケース。いつも固いプラケースが付属されていましたが、P30liteは柔らかいケースになっていました。

まだケースを買ってない場合でもとりあえずこれが使えるので便利ですね。

初期セットアップ

まず最初に旧機種のマイクロSDカードは抜いておきました。(新機種用の新しいマイクロSDカードを買ってないため)

データ移行が終わったらマイクロSDは新機種にそのまま差し替えます。(同じHuawei製品同士なのでディレクトリなどもおそらく問題ないかと)

Pシリーズとnovaシリーズという違いはありますが(;・∀・)

ようこそ。(Apple製品は「こんにちは」だった)

日本語(日本)が選択されていますのでそのまま「はじめる」をタップします。

左:新機種(Huawei P30lite)
右:旧機種(Huawei nova lite2)

モバイルをご利用の方はここでSIMカードをさすみたいですが、旧機種はネット環境なしになるの?どうなってしまうのでしょう?(すみません、そこわかりません)

私は自宅のWiFiで設定しますのでスキップをタップ。WiFi環境でやったほうがよさそう。

初期セットアップは特に何をするでもなく早々終わりました。

旧機種→新機種へデータ移行

Huawei製品には元から入っているPhone Cloneアプリを使用してデータ移行します。

「Phone Clone」アプリを利用した端末間のデータ移行方法
↑Huawei公式サイトもご参照ください(^^)

私はマイクロSDカードに多くのデータを入れているので、それは旧機種から抜いてありますのでデータ移行は旧機種端末内に入っているものだけ、になります。

アプリとか、端末に入っている写真などですね。

WiFi設定なども全て移行されます。ログイン情報なども全て移行されますが、一部入らないものがありますのでそれは個別にやりましょう。

旧機種のほうでPhone Cloneを起動し「この端末は古い端末です」をクリック。

横においただけの新機種のほうはQRコードが出ますので、旧機種でカメラを起動し、読み込みます。

あとは言われるまま操作。勝手にやってくれます。移行しないデータがある場合はここでチェックを外しますが、私は「すべて選択」をタップしておきました。

移行できないものは、Twitter、Lineなどアプリが10個くらいありました。

10分未満くらいで終わりました。

右の旧端末で「この画面を閉じないでください」と出ているので、無操作2分で画面が暗くなり閉じる設定にしていたのを思い出し(;’∀’)。。じっと見張ってました。

画面が暗くなりかけたら画面端を触って画面を点灯させ続けるという手間が。。

画面を見張る以外は特に何をするでもなく終了。

※カレンダーや電話帳などは、機種変のたび悩みたくないのでグーグルアカウントに登録しています。iOSとandroid両方使用するにあたって、iCloudバックアップでは使いづらく、グーグル利用で共通させておくのが一番便利で問題ないわと思った次第です。

あれ?グーグルにログインできなくて驚き。や、やはりHuaweiだからグーグルがあかんのか?制裁か?なんてドキドキしながら。

重要

↑右の旧端末のほうで「削除する前に、すべてのデータが無事転送されていることを確認してください」と表示されています。

なぬ?私は旧端末も使いますので削除なんてしたくありません。OKを押さずにその下の、左の三角マークを押して元の画面に戻りました。

無事完了しました。隙間があるのは移行できなかったアプリが存在していた場所。ここで全然気づいてなかったですが、よく見ると時間が3分ズレています

P30liteでログインエラーが出る場合

まず、ブラウザでグーグルにログイン→なんどやってもエラーでインできず。(WiFiは繋がっている。youtubeが再生されるのを確認)

グーグルは置いといて、次に格安SIMのマイネオアプリでログイン→認証されずエラー三昧。

PCで調べてみると、時間がズレているとログインできないものがあるとのこと。

そうなん~!(^^)!

新端末の「設定」→システム→日付と時刻→自動設定(日付、時刻、タイムゾーン)をONにする。

スマホを再起動させ、もう一度マイネオアプリにログイン→認証され完了。

ブラウザでグーグルにログイン→完了。

以上でデータ移行、グーグルにログインが完了しました。

データ移行するとアプリの配置も全く同じにクローン化されたので、移行できなかったアプリは見比べたら一目瞭然、グーグルプレイで再ダウンロードしました。

アプリは移行されたけどログインができないものも一部ありましたので、それは一旦アプリ削除してもう一度ダウンロードすればOKでした。

データ移行後の金融系アプリ

  1. セゾンポータル→ログイン情報まで引き継がれて何もせずにインできて驚いた。それって大丈夫なん?
  2. イオンウォレット→再度認証ログインを要求された。
  3. イオン通帳アプリ→再度認証ログインを要求された。
  4. 新生銀行→再度認証ログインを要求された。
  5. 楽天カード→再度認証ログインを要求された。
  6. エポスカード→再度認証ログインを要求された。
  7. マネーフォワード→アプリ自体、移行できなかったので再度ダウンロード。
  8. スターバックス→ログイン情報まで引き継がれて何もせずにイン。スタバカードが登録されているので、電子マネーアプリです。大丈夫??

データ移行できなかった残念なもの

メール設定→10個以上設定しているのでこれを手動でするのは面倒。iPad mini2→5のiOSのデータ移行ではメールの設定も全部入ったのに残念と思いました。

LINEの移行

これは重要すぎるので、あとでゆっくりやります。

それではまた。

もう1本、タイプCの充電ゲーブル!

USB Type-Cケーブルが安価です。

私はios、android端末を複数もっているので3つのコネクターが1つになった巻取り式のこちら↓も買いました。

充電ケーブル 3in1

ケーブルはヤフーショッピングが安い。

コメントは受け付けていません。