ワインでアレルギー発症 私の場合、原因は炭水化物?!

Hello, it is Candy.

今日は私のアルコールアレルギーについて。

お酒類を飲むと、耳の中がきょーれつに痒くなるアレルギー症状が出ます。大体30分ほどでおさまるのでそんなに気にしてないのですが、でもやはり不快・・顔に赤みなどは全く出ない。

8月末、8キロのダイエットが完了してからというもの、週に3日ほどのペースで夕飯時赤ワインをグラスに1杯、また飲むようになりました。

それまではボトルで買っていたのでいろんな銘柄を飲んでいたこともあり、ワインの品種によってアレルギーが起こったり起こらなかったりするんだな、と思っていたのですがそれは大間違いでした。

チリ産 ウルメネタ カベルネソーヴィニヨン フルボディ お気に入り!

最近はずっとお気に入りの同じ箱ワイン↑を飲んでいます。
購入はイオンリカー。1箱1800円くらい。

ボトル4本分も入ってる、何より価格のわりに美味しい。箱の処分も簡単。

いつも同じ銘柄、同じ箱、品種が変わらないのに今日はアレルギーが出て昨日は出なかった、というのを繰り返すようになり、流石におかしいなと気づくようになりました。

アルコールアレルギーが出る原因

ネットを検索してもあまり出てこなかったのですが、私の場合どうやら

  • 炭水化物とお酒を一緒に摂取すると耳の中が強烈に痒くなるアレルギーが必ず出る。
  • 糖質がほとんどない食事と一緒にお酒を飲んでも全くアレルギー症状がでない。

ということに気づきました。

炭水化物の量とアレルギーの強烈さも比例していて、少し食べたくらいでは不発ぎみなちょっと痒いかな~?で数分でおさまるのですが、パン1枚、ご飯一膳食べると世にも恐ろしいカユイ症状が少しの時差のあともれなくついてくる。

ワインはご飯の代わりになっているのでワインと玄米などのご飯を一緒に摂ることはほとんどないのですが、パンはあります。

ワイン、チーズ、パン、
ヤバイ(嬉しい)組みあわせ(*´ω`*)

今日も赤ワインシチューとパンを食べながら赤ワインを飲んでいたら、飲み始めて10分くらいで

「あ・・おいでなすった」

痒くなってからしまった!と思うのは如何なものか。どうゆうことなのか。

気づいたからには今後は気をつけたい。。
いやもう「特定の炭水化物×お酒」です。(あくまで私の場合)

他にも同じような方、いらっしゃらないかな~?

炭水化物と言っても、じゃがいもなどの野菜の糖質でもなるのか?、果物の果糖でなるか?等は未検証ですが、その辺も今後気にしてみようかと思います。

体質によって違うでしょうが、自分はこうだということが大体わかれば回避することができますね。(←気づいてるのに回避できてない)

これも箱ワインを買うようになったおかげです。

毎日同じ蛇口からじょーっと注いでいるわけで、同じワインなのにアレルギーが全くでなかったり、強烈に出たり、へぇという想い。ほんとにへぇです。

ワインだけじゃなく、チューハイでもカクテルでも同じようになります。

何かあったらまた追記いたします。

コメントは受け付けていません。