国民年金保険料支払い クレジットカードへ変更してみました

最終更新:

Candyです。

わたしは今まで国民年金保険料(付加年金含む)を、「年払い」「口座振替」にしていましたが、今年からクレジット払いにしたいと思い、今日、年金事務所まで変更手続きに行ってきました。

昔はクレジット払いができなかったのですが、いつの間に可能になっていたのかな~知らんかった。

クレジットに変更した理由

「1年または2年前納&口座振替」のほうが値引率は高いですが、カード払いにするとカードのポイントが入るので、ポイント還元率が高めのカードで支払えばそちらのほうがお得になります。

セゾンゴールドアメックスのポイント

通常→1,000円利用につき1.5永久不滅ポイント貯まる=0.75%還元

セゾンクラッセ クラス6の場合→1,000円利用につき2.5永久不滅ポイント貯まる=1.25%還元

わたしは来月からクラス6になるのが確定しているので、セゾンアメックスゴールドで支払うことにします。還元率1.25%はまぁまぁ良いほうみたい。

今回、カード払いに変更することで得られる相当額は?

2019年にわたしが支払った年金+付加年金は197,490円でした。

ざっくり約20万とすると、
永久不滅ポイント1000円につき2.5ポイント→500ポイント(=2500円相当額

結局、お得になる差額は?

1年前納で、口座振替とクレジット払いの場合、630円ほど口座振替のほうが安くなるようです。

ポイント還元が2500円相当となると、結局トータルでは1870円くらいクレジット前納がお得になっている、ということに。

2年前納だと割引率が4倍ほど大きくなるのでできればそうしたいのですが、一気に40万も支払えないので残念無念、がんばって1年前納。

国民年金保険料に関する手続き

各種書類は日本年金機構サイトからダウンロード可能。
https://www.nenkin.go.jp/shinsei/kokunen.html

クレジットカード納付書類をプリントアウトし、必要事項を記入。それを自分の管轄の年金事務所へ持参します。(郵送も可能)

手続きに必要なもの

  1. マイナンバーカード(通知カード、個人番号の表示がある住民票の写し)
  2. 運転免許、パスポート、在留カードなど

「1と2、両方いる」との記載アリでしたが、わたしの場合なぜかパスポートを見せるだけで大丈夫でした。年金事務所の担当者さんによって違うかも?です。

書類に不備がないか、カード番号の間違いがないか、わたしの目の前で確認してくださいました。

※身元確認書類については事前に最寄りの年金事務所に確認すると安心。

期限に注意

年払いの場合は2月末までに書類を提出しないと、今年の支払いには間に合わなくなるので早めにやっとくがいいですね。

間に合わなかった場合、来年度からになるとのこと。

手続き完了後

お申込から数週間後に「国民年金保険料クレジット納付(変更)開始通知書」が自宅に届きます。いつもの葉書のようなピーーとめくるアレです。

手続き完了しなかった場合(クレジットの有効性が確認できなかった等)も、書類が来るとのこと。

以上で終わりです。

ねんきんネット

去年初めて、ねんきんネットへログインしてみました。

そこには自分が今まで支払ってきた金額、履歴が見られるようになっていて、将来もらえる見込み額まで表示されてました。貯金通帳みたいな感じ。

元本回収が支給から7年ほどで達成できる現実を知れたのはよかったです。人によって違うでしょうけど、私の場合は今の試算で7年でした。

私の老後時代には支給開始が70歳から(いや、75歳から・・)になってるとは思いますが、まぁもし早い人で65歳から貰えるんだとしたら72歳以上生きたらあとは有難い生活となる。

病気でもしない限り、生きてるでしょ?!

通帳をみるのは面白いので、ねんきんネットにログインしたことがない方はぜひ見てみると結構安心できるかも?です。

ログインには、パスワードなど発行する手続きが必要で、書類は郵送で届きました(^^)

追記 2020.2.21 クレジット決済手続き完了

本日2/21、「国民年金保険料クレジットカード納付開始通知書」という葉書が届きました。

すっかり忘れてました(;’∀’)

コメントは受け付けていません。