聖書、買っちゃった!

こんにちは。

書籍版の聖書、買ってしまいました( ^)o(^ )

この新改訳聖書(第三版)、Amazonでしかもう売ってない、しかも残り僅か。欲しい人は急げ~です。もう新品は在庫のみでしょう。

現在はもっと新しい新改訳聖書2017が発売しているのですが、それは2017年に翻訳の見直しがされているものです。

聖書は出来るだけ見直しのないもの、昔のものに忠実に訳してあり脚色の少ない物がよいそうで?かといって昔すぎると理解できない文体だったりして、現代人に丁度読みやすいのは↓これだと聞きました。

BI-20 聖書 新改訳 中型スタンダード版 (いのちのことば社)

Amazonで購入。
わぁ・・
本がそのまま入ってる( ̄▽ ̄;)

ちょっと、お高い本なのに~いつものビニールできゅうぅぅーっと包まれているアレがないのはどうなのでしょう。もし大雨だったら濡れていたかもですね。無事でよかったです。

大きさ

買ったのは中型スタンダードサイズの本。
Macbook12インチと比較するとこんな感じ。

他に小型、大型もありますが、小型は字が更に細かくなって結構厳しいという話もあったので最初から除外。大は高いので・・・

分厚い本ですが、思ったほど重さもなく良い感じです。
Macが指紋だらけですみません・・拭いてから写真撮ればよかったですね。

紙のカバーを外すと合成皮革のような、、

これはあれですね。辞書と同じ感じの風貌。

字の大きさが気になっていたのですが、近所の大型書店には聖書は一冊も置いてなく、仕方なくネットで買いましたが大丈夫でした。

私はド近眼の老眼なのですが(;’∀’)

コンタクトを外して裸眼のド近眼状態であれば近くは全然見えますので読むのに問題ないです。

ただし、コンタクトをはめると書籍をずーっと遠くに持って行かないと焦点が合わない(^-^;そうすると字が小さくて見えない=結局見えない。

よって、老眼の方は電子書籍をお勧めします。

近眼+老眼の人は、コンタクト外せば問題なし。

実際、紙のほうが目が疲れなくてさらさらと読んでいける不思議。

キンドル電子書籍版

キンドルアンリミテッドの一カ月無料キャンペーンで無料でDLした上記と同じ聖書です。

これは字の大きさ調節ができるのが最高にいいですね。音声読み上げもできます。

ただし、、数字まで読んでしまうので目で字を追わないと何言ってんだかになります。そして読み上げのミスも多発。

読み上げはアンドロイドのほうがかなり優秀、しかし動作させるのに癖がある。

ipadの読み上げは読み間違いが多すぎて爆笑レベル、しかし動作は簡単。

縦にしたり

極限までデカくしたり(^-^;

でかすぎ。

最小にしてみたり。。見えん。

背景を黒や緑やベージュなど、目に優しい色に変えることも可能。

なにより本を持ち歩かなくていいので出先でちょっと読みたいときなどに電子書籍は重宝ですね。

ん・・今出先で本を読むなんてことはありませんですね。ロックダウン中ですから。

私は紙の本と電子書籍、両方を持とうと考えてます。

一か月後、アンリミテッド契約を終えたら有料で新約、旧約を別々でダウンロードするつもりです。その時は2017版にするか、第三版にするかまだ決めてません。

青枠のセットが第三版、
赤枠のセットが2017

分けて購入したほうが読みやすいです。聖書はあっちこっち読むので、新旧が一冊にになっていると目次をたどるのが大変。

更に図解聖書という黄色の本も読み放題に入っていたのでDLしました。これはかなり面白くて図解を読みながら聖書を読むとより理解しやすい。図解には図や系図などがあるので、この先祖が日本人か?など、より分かりやすい。

そもそも自分達のルーツでもあるようなので???めちゃ興味深いです。

紙の書籍をわざわざ買った理由

5720円も払って書籍を買った理由は、

  1. 災害などで停電になったりしたら読めなくなる
  2. そもそもアマゾンも一生あるわけではない、倒産したら本も終わり
  3. 聖書は一生ものである
  4. 第三版は在庫のみ、もう新品では買えなくなる

こんなところでしょうか。

新改訳聖書 第三版

新改訳聖書 2017

正直、もっと早く知りたかったです。
せめて30代前半でこの書籍がこの世のシナリオであると知りたかった。ただしなんでも鵜呑みは厳禁で、聖書も絶対的に翻訳に充実なまま維持できてるか?といえば、私はそうだとは思えないですけど、しかし今はこれしかないので。。

いろんな人が私に九一一はうそだよとか教えてくれましたが、聖書は誰も教えてくれなかった=誰も知らなかった、でしょうね・・

何も起こってない平和な時に「聖書のとおりこの世は進んでいるねんで。聖書は歴史書なのよ。宗教本じゃないよ」と言ったって、私も「はい?」ってなるでしょうし、今が知るタイミングだったのでしょう。

コメントは受け付けていません。