4/18から京都もロックダウン

こんばんは。

4/18から京都も都市封鎖となるみたい。モールも閉っちゃうので今日からセールが始まったレギパン買いにモールへ・・

お客さんほとんどいない。

ピンクにしました。

いつも履いてるものなので試着なしでさっと購入してお店を出ました。今シーズンのピンクはちょっと暗い色合い。数年前に出たピンクはもっときれいな色でしたよ~それもまだ現役で履いてます。

マッサマンカレーが恋しい。

カルディで買おう。ここはレジで20人くらい並んでました( ̄▽ ̄;)一応ソーシャルディスタンスは皆さんあけておられます。

並んでいる間に小麦粉と海藻スープがあったのでつい手に取ってしまいました。

店員さんによると、ここのカルディは明日はまだ営業するようですが、刻々と変わるそうでいつお休みになってしまうかわかりませんだそうです。

スーパーにも寄りましたが、袋ラーメンやパスタなど品薄でしたがその他は全く品切れの雰囲気なし。殺到もしてなく、よかった。

大きな本屋にも寄りました。そこそこ閑散~。
「聖書 新改訳」買いたくてお店の端末で在庫検索中。

あれ。1冊も置いてない((゚Д゚ll))
そっか、早々需要ないですよね。

じゃぁネットで買うしかない。
字の大きさ、書籍のサイズ&重さが知りたかったのですがとっても残念・・

と思ったらキンドルアンリミテッド読み放題が現在無料キャンペーン中です゚+.(*’ω’*)゚+.゚。

どうして無料なのでしょう~?ラッキー。

※本キャンペーンプランは、過去にKindle Unlimited(有料期間)をご利用いただき、現在会員ではないお客様が対象となります。本キャンペーンプランはお一人様1回限りのご利用とさせていただきます。

電子書籍で読み放題の中に「聖書 新改訳」があるので1か月これで読んで、0円のうちに解約して(;^ω^)、そのあとはその読んでた電子書籍が読みやすければキンドル版を購入してもいいし、書籍版にしてもいい。

詳しい方におススメを聞いたら、「いのちのことば社」が出版している聖書 新改訳が読みやすく中身も忠実で良いそう。わたしのように宗教に興味ない人からしたらどれでもいいや~と思いがちですが、どこが訳をしているか?で内容がやや異なるそうでとても大事なポイントだそうです。

なぜかこちらの2013年版のほうがおすすめみたい・・どう違うのか?


2017年版。

キンドルアンリミテッドでは両方無料で読めるので2冊DLして比較してみます。

世の支配層たちがずっとずっと必死に研究しているというこの聖書を私も知って、この先何が起こるのか知っておきたい(∋_∈)

現在は終末期だそうですがその頃には世界的な疫病、巨大な天変地異やせんそぉ~が必須となるようで、今後平和にのほほんと生きていくのは無理そうです。計画していた呑気な海外暮らしの老後は消え去ったのかも。(←まだ淡い期待を持ちつつ、、)

なぜ旧約聖書のままにこの世が進んでいるか謎でしたが、世の支配層がこの本の通りに進めているのだからその通りになるということでした。EUやグローバル化なんかもそうですね。EUに関してはうまくいってなくてイギリスが離脱したことでバラバラになる運命かもですが?!

実際コロという名目で、2020年の年に世界中で一斉ロックダウンみたいになり、現在地球の半分の人口35億強くらいの人が家に閉じこもる生活を余儀なくされています。令和という時代になったのも勿論偶然と思うには厳しいかもですね?日本のTOPは世界でTOPのエンペラーらしいですから。

偽情報が横行して偽物や嘘がいっぱいはびこるのも終末期の必須現象だそうで、そう聖書に書いてある本当にみょうな世界。

書籍版

コメントは受け付けていません。