網戸をすり抜ける侵入者、ユスリカ対策「アミ戸に塗る虫よけ」を塗ってみた

こんばんは、Candyです。

夏になると蚊より小さな虫(ユスリカ)が網戸を通過して部屋に不法侵入し、それも結構な数、窓際の床でお亡くなりになっている。これをどうにかしたいがどうにもならぬで毎年この時期困ってます。

今年はドラッグストアで「網戸に塗る虫よけ」を見つけたので買ってみました。虫コナーズ網戸用ではなく、網戸に直接塗るという発想がなんだか良さそうではないですか。

バルサン 窓・アミ戸に塗る虫よけ

税込み1078円。

一度塗れば一カ月間効果が持続するとのことで、毎月塗らなきゃいけませんがどんなもんでしょう?

まぁまぁ大きい。

蓋を開けると厚手のフエルト生地。本体を押せば薬剤が滲み出てきます。振るとちゃぷちゃぷ言うとりますので中身は液体ぽい。

その前に網戸を拭いてくださいと書いてありますので掃除を。

内側から拭いても特に汚れはなかったのですが、外側から拭くと真っ黒に!網戸の外側ってこんなに汚れているのか~と驚いてみる。

網戸の外側には30匹くらい絶命したユスリカがひっついていて・・

網戸に薬剤湿布

外側から塗るほうがいいのですが、この窓はベランダがない3Fで、乗り出して塗るには危なすぎるので内側からたっぷりめに塗りました。

たっぷりすぎたでしょうか・・

薬剤が乳白色↑
時間が経てば乾くでしょう?

乾いてきましたが、若干乾かず固まりました。

この窓の外には虫を捕獲して食べてくれる小さめのヤモリが住んでいるので、ヤモリに悪影響があるとちょっと心配、大丈夫かしら?

ヤモリも以前は「ヒャー、気持ち悪い」と思ってましたが、2018年にバリ島のアパートメント暮らし(引っ越し多数)をしてる間、どこででもヤモリを見かけたのでもう慣れてしまい、なんと。。大丈夫になりました!(^^)!

今、ふと窓を見てみると

あら、来てたの~?こんばんは~。(網戸の外側を歩いてる)

ここの網戸には薬剤を塗ってないので大丈夫でしょう。塗った方の窓でヤモリを見かけることがないので一応、ヤモリ殿に配慮しました。

1日後

虫がほぼ部屋に入ってこなくなりました(^^)/ 入ってきても数匹程度。

2日後

よく見てみると網戸の外側にユスリカが200匹くらい(もっといるかも?)くっついて絶命( ̄▽ ̄;)。数が増えている。

  1. 夜、電気の光りに誘われて網戸に突撃!
  2. 薬剤のついた網戸だからそこで早々息絶え?
  3. 網戸をなんとかすり抜けようとしてもその前にうぉぉぉなんだか苦しいぞ?!頭がくらくらするぞ?
  4. そのままはり付いてチーン。

そんな感じでしょうか?

これでは網戸がユスリカホイホイになってしまってます。商品名変えた方がいいのではないでしょうか。

でも部屋にほぼ入ってこなくなりましたので、今のところは塗ってよかったです。

3日後

網戸の外側にくっついてしまうユスリカをウエットティッシュで取りました。小さい点みたいな虫なのでよく見えず、気持ち悪いという感情は芽生えず。すぐに綺麗に取れましたが、薬剤も取れたように思うのでまた塗り込み、今度はもっとたっぷり塗りまくりました。

もしかして、薬剤塗る→2~3日でホイホイ捕獲→虫をティッシュで取る→また薬剤塗る・・・という短期間サイクルになるような気がします、、

でもひとまず様子見ですが、1本使い切るまで使用してみますね。

おまけ小話:バリ島には網戸がない

バリの家には網戸というものが付いてない、蚊や虫は入り放題パラダイス。網戸も売ってない。チュールレースカーテンみたいなものならありますが、それ網戸じゃないし。

虫のワンプッシュスプレー(250円程度)で全滅できるので大した問題でもなく、さらに南国の陽気な雰囲気が「そんなこたぁどうでもいいわ~」という気分にさせてくれるので、よほど神経質じゃないかぎりそんなに問題ではなかったです。

でも網戸って・・・大事だわ。

コメントは受け付けていません。