「そこまで言って委員会」スーパーシティ話題を観ながら玄米パンと珈琲、平飼い卵が買いにくくなった

こんにちは、Candyです。

昨日宮城で大きな地震がありましたね。津波警報もありましたが皆さん大丈夫でしたか?わたしはスマホの地震警報が鳴るたび、あ、、防災・避難グッズ見直さないとと思うのでした。

今日は朝からずーっと雨。

図書館に行こうと思っていたのにどうしたものか。ひとまず何か食べようかなと

玄米パンとチーズと珈琲

この玄米パンは、無農薬野菜を売っているところで販売されていて、すっごく美味しい。天然酵母ですね。

そこまで言って委員会

何気にTVをつけるとたまたま放送していた怪しげな竹中が左上にチラリ。もうこの顔は見たくない!笑。

スーパーシティに住みたいかって話でした。

言って委員会はもう3~4年見てなかったですが、、結構言いたい放題やってるんですね。ガス抜きでしょうけど、ちょっとはタメになる場合も。

スーパーシティ法案が国会で去年通ってしまいましたが、いよいよ監視社会の到来でございます。

竹中氏は「わたしは住みたい」と率先して宣伝してました。気持ち悪いですね。そもそもこのシティが完成するころ(2050年)竹中氏は100歳です。その頃、元気ハツラツで生きてるのでしょうかという素朴な疑問が。。

スーパーシティ=理想の住まいが実は牢獄だった( ̄▽ ̄;)

そうです。牢獄なのです。

私は住みたくないですね。

赤:住みたくない
青:住みたい

でした。竹田恒泰氏は「きしょい」と書いてます 笑。

ハイテクデジタル管理社会がスーパーシティですけど、「ハイテク中国みたいな監視社会の街」を想像すればよいのではないかしら。

番組内では、市長や知事が意欲的じゃないとスーパーシティは出来ない、またやる場合も住民の賛成がないと出来ないみたいに言ってました。パソナ移転した淡路島、ここはTOPがやる気あるのかどうかわからないけど?と竹中氏は匂わしていましたね。

「ベーシックインカムとスーパーシティで壮大な養豚場」って言ってました。まさに人間牧場。

大事なことなのでもう一度、
ベーシックインカムとスーパーシティで壮大な養豚場、と覚えておくといいでしょう。

スーパーシティは日本ではトヨタがやってます。喜んで自ら住みたい、と騙される人がいないといけないので良い事ばかり言って売り込む。マイナス点は言わん。

トヨタ自動車が掲げるスマートシティ構想「Woven City(ウーブン・シティ)」

スーパーシティ構想とこれからの暮らしの変化 – 構想の核心事業と住宅ニーズの多様化 –

けれど便利は便利なので、監視されてることに気づかないで住む人もいるでしょう。
私は豪華で便利だけど何もかも監視された中国みたいな暮らしには興味がなく、どこまでも自由きままが好みです。

しかしこうゆうの話し合って勝手に決めて行ってる人たちが、みんな高齢側ってのが。。。

スーパーシティが実現してるのは2050年とのことですから、今の10~20代の意見も聞かないと、彼らの時代が監視社会になるってことかと思います。子供の成績がマイナンバーに紐づけされるのも全てその目的へと向かってるということ。

さて、平飼いたまごですが・・

3/17水曜日、在庫なし(◎_◎;)ぇ。。
こんなこと、今までなかったんですよ~。大変だわ。

店員さんに聞いてみると、土曜に入荷しますとのこと。我が家のたまごは木曜日に底をつき、金曜は卵無しデーとなり、なんとなく寂しい冷蔵庫。

そして土曜日(昨日)

入荷を確認(^^)
今回は賞味期限4/2までの卵を2パック買っておきました。1週間は持ちます。

数年ぶりにバターケーキを作りたくて、無塩バターとパイナップル缶詰も購入。去年コロナ禍出た当初に備蓄した小麦粉消費のため。

からり庵

昨日からり庵というおせんべいを初めて購入。これ海鮮味でとっても美味しい。ちょっと初めての味かもしれん。

何気にウラを見てみると、コメが中国産メイン( ̄_ ̄)?

やはり国産のコメが無くなってきているのでしょうか。そう言えば政府備蓄米をコロナで困窮した人への救援に出して、備蓄米がかなり減った、もう出せないというニュースも去年どこかで見ました。

それはさておき、とうとうおせんべいも中国産使用へ。
おいしかったけどこれはもう買わないです。

先日久々に買ったカルビーのポテチも、芋が米国産と書いてありちょっと衝撃を受けました。海外のものは輸入時(輸送時)に芽が出ないよう農薬たくさんかけますのでちょっと気になります。

■国産のじゃがいもは初夏から秋までは九州から北海道で収穫されたじゃがいもを使用します。冬から春にかけては北海道産のじゃがいもを専用の定温貯蔵庫に貯蔵をして使用しています。

■米国産じゃがいもは、広島西工場と鹿児島工場(港に近い工場)に限定して使用しています。
産地と品種を限定して輸入しており、収穫されたじゃがいもは、米国から船で運ばれ、港湾に着いたら、植物防疫検査(病害虫を日本に入れないための検査)を行います。また、残留農薬検査など安全性の確認のための検査も行います。これらの検査で国の安全基準に合格したじゃがいもだけが、カルビーのポテトチップスになります。

カルビー引用元:https://faq.calbee.co.jp/faq_detail.html?page=1&id=17

あれま。西日本に出回ってるポテチが米国産みたい(;’∀’)。

国の安全基準に合格しているので問題ないということなのでしょうけど、私はそうゆうのではなく自分の勝手な基準で考えているところがあるので、買うなら国産100%の湖池屋にしようと思いました。あくまで個人的な意見です。

コメントは受け付けていません。