母の日|血中酸素濃度計オキシインフォを買ってみました

こんばんは、Candyです。

母の日ですねぇ~。
毎年花にしていましたが、今年は酸素計が欲しいと聞いていたのでコレにしました。

血中酸素濃度計

指に挟んで酸素濃度を測れるしろものです。

左のPUSHのクリップを押し、指に挟んでから右のボタンをスイッチオンするだけ。指を外してしばらくすると自動で電源が切れます。

私がはかると大抵酸素は99~98うろうろ。
(血中酸素は99~96だと正常)

右の87というのは脈拍です。

液晶面に保護フィルムが貼ってあるのですが、まだ剥がしていません。剥がせばもっときれいな液晶かと。こうゆうの、しばらく剥がさない人ですわたし。

小さくて軽く、ながーいストラップがついている。

小さな方位磁石もついてたんですが、何に使うのかわからず箱の中で眠ったまま・・

電池は単4×2本。
電池の向きは交互に入れるのですが、ちょっと間違いやすいかもしれないです。
(+-の記載あり)

説明書は日本語。
ちゃんとした説明書で、丁寧に使い方が書いてあります。

使い方といっても指挟んでスイッチオンするだけなんですが(o・v・o)

↑夜、白熱灯の下で撮影したので写真が黄色がかってる。。のが気になり、次の写真以降は翌朝撮りなおしました↓

ここの会社は日本企業で国内に工場をいくつかお持ちなのですが、この機械の生産は中国でした。

値段も安いので耐久性などどうなのかな~?とは思いますが、買ったばかりなので今のところちゃんと使えてます。

この先も当分コロナ時代でしょうから、一家に一台あれば安心かなぁと思います。

去年は価格が吊り上がっていたようですが、今は落ち着いてますね。むしろ定価よりだいぶ安く買えた~。

↑朝の計測。
面白いので計測してしまう。

これね、電池式というのが良いと思います。充電式ってなんだか不安じゃないですか?充電できなくなったら終わりですし。ずっと使用せず放置した場合、充電ってダメになったりしますよね。

電池式だとその心配がなく長~~く使えると思うのです。

母が言うには、普段お世話になっている内科にいくと、今までなら血中酸素を必ず測ってくれていたのに、コロナ禍になってから測ってくれなくなったと。

いろんな患者さんが指を挿し込むので、感染対策でやめたんでしょうねぇ。ってことで、家でも測れるようにしたい、とかねてから言ってたのです。

オキシインフォ

私が買ったのはこちら↑1854円

パルスオキシメーター

他の機種で、「パルスオキシメーター」という、病院で使われているもうちょっとお高い酸素計もあります。

値段が張っても病院で使われている機種のほうがいい、という方は↑こちらもおススメ。これは北海道のsika先生が診療所でお使いのものと同じ(^^)

コメントは受け付けていません。