マーティンポール博士|低線量強度EMFとカルシウムでコロナのような低酸素症状態

興味深い動画を発見しました。

コロちゃん騒ぎのういるすですが、悪さしているのはカルシウムと電磁波ではないかというポール博士の研究を、日本語で紹介してくださってる動画。

以下は抜粋メモなので、詳細は動画をご視聴くださいね。

低線量強度EMF(電磁場)が私達の体内でどう影響を及ぼすのか?

低線量強度EMFが、人間の細胞膜にある「電位依存性カルシウムチャネル(略称:VGCC)」を開けてしまう→細胞内に大量のカルシウムが一気に流れ込む→様々な病気症状(低酸素症状態など)を引き起こす。

通常は、細胞外にあるカルシウム量>細胞内にあるカルシウム量。
細胞内に沢山流れ込むと病気症状が現れる。

カルシウム拮抗剤を使用すると電磁波の影響を遮断したり大幅に削減。

カルシウム拮抗剤(高血圧の薬)とは、カルシウム電位依存性キャンネルを遮断する特効薬と知られている。

未だコロナメカニズムがわからない

現在は、
ころな→低酸素症を起こし→
カルシウムが細胞内に流れ込み→
それ以外の症状を引き起こしている
と、推定している。

しかし!
ポール博士は前々から、
「EMF」はカルシウムベン依存性チャネル(電位依存性カルシウムチャネル)を開けてしまい→
その結果カルシウムが細胞内に流れ込み→
低酸素症を起こしたり他の様々な症状をを起こしてるんだ
と言っている。

医学界ではカルシウムが細胞内に入り込みすぎると様々な病気を引き起こすのは周知の事実。(カルシウムが足りないのも良くない)

その結果サイトカインストームを引き起こし、エクソソームが出て、PCR検査をすると陽性が出るんじゃないか。

科学者たちはコロナのメカニズムがわからないと言ってるのに、遺伝子を組み換える爆チンを作っている、非常に恐ろしいことだと思わないといけない。

ポール博士のこのメカニズムを、頭の良い研究者たちはわかってないのか、知らないのか、情報ブロックされてるのか、知ってても言えないのかわからないが、

科学者たちはコロのメカニズムがわからないと言ってるのに、遺伝子を組み換えるわくチンを作っている。非常に恐ろしいことだと思わないといけない。何千万人の命が救える情報なのにポール博士の話を誰も見ようとしない。

メディアがコウモリからウイルスがでたー!と言うと皆わーっとそっちを信じて、ますくだ、ロックダウンだ、爆ちんだ、とメディアが言うことが全て正しいと思ってしまう状況。

ウィルスとカルシウムが関係あるのは、そこにもう一つ鍵がある。EMFという周波数(5ジー)という鍵。

との、動画作者Mariさんのご意見です。

では、EMFから身体を守るにはどうしたらよいのか?

高血圧の人は、カルシウム拮抗剤を飲んでれば防げる。

薬に頼らない場合は、
玄米、アーモンド、ピーナッツ、カシューナッツ、オーツ、大麦、大豆、黒豆、バナナ、ほうれん草、アボカド、

要は、亜鉛、マグネシウムが多いものがいい。
あとはビタミンD(日光浴)と、ビタミンC。

メモは以上。


いろんな情報がある中、私はマーティンポール博士のことは初耳でした。ポール博士のことは日本ではほとんど話題になってないような。

今回、Mariさんの動画を知ったきっかけは、他の人のyoutube動画のコメント欄にMariさんの動画URLを貼り付けてくださった方がいて、たまたまクリックしたのです。もし素通りしていたら、この先もずっと知ることはなかったかもしれません。

カルシウムとEMFと5爺の関連性ねぇ。。カルシウムって驚きですね。

「EMFはカルシウムベン依存性チャネルを開けてしまう」ってことに関しては、すべての人ではなく免疫が低い人が開いちゃうとか、そうゆうことなのでしょうか???ちょっとわかりませんでした。まだ近隣に5爺電波は来てない影響もあるでしょうけど。

マグネシウムは、私はスーパーで売ってる「にがり」をだいたい毎日、コップ1杯の水に1~2適垂らして飲んでいます。1~2適なので、味はただの水。にがりは海からとれる超安価な「マグネシウム」で、豆腐作るときに使うモノです。ただし、大量に採らないでください(と、まーてる先生が以前言ってました)数適くらいで十分かと。

スーパーで、300円くらいです。
ネットは随分高くなっているので、ご興味のある方はスーパーで探してみてください。賞味期限もあり、1本買っても長持ちしすぎて全然減らない。わたしは賞味期限が来て余ったら、お風呂にドバドバ入れて使ってしまい、また新しいのを買っています。

ビタミンDは日光浴、
ビタミンCと亜鉛はサプリを利用しています(サプリも極力避けたいが仕方なく)。

電磁波測定器(EMFメーター)は先月買ったばかり。これで測定できるのでしょうか?ミリガウスの単位かと思いますが。

電磁波計(EMFメーター)でMacbookを計測

コメントは受け付けていません。