シェディングには「免疫を上げる信仰」も問題だ By.うつみん

内海先生が月一でゲスト出演している、エミリーさんのラジオ番組のマイメモです。

渋谷クロスFM Emily Channel 9/14

コロコロ対処の話は45分あたりから~

「免疫を上げる」信仰も無駄、方法がない、ということらしい

メモ

ウイルス感染自体は免疫に影響するので、食事や生活で免疫を落さないようにするのが良い。
しかし免疫を上げると言っても、実際はそんなにあがらない。

それに、免疫の過剰信仰は問題である。
なんでも免疫あげたら治る、というのは通用しない。

今問題なのは「ワク注射スプレッター」=「シェディング」
いま、打った人が(息や汗などで)放出しているスパイクたんぱくが広がってるかもしれない、ほんとにスパタンなの?というくらい奇妙な物質

注射してない人(ずっと健康だった人)が、急に熱が出たり、しかもそれが普通の風邪じゃないへんな病気みたいなのが起きている。

注射によるスプレッター自体は、存在するのは間違いない。

このスプレッターやシェディングは免疫あげても無駄、むしろ免疫高い人のほうが問題起こす可能性がある。
免疫高い=異物が来た時に反応しやすい(熱が出やすいというイメージ)

なので、対抗する方法がない( ̄▽ ̄;)

酸化ぐらふぇん、PGなどの化学物質の対処であればちょっとした解毒は100%じゃなくても効果あるかも?
そもそも遺伝子組み換える注射しておいてどうやって解毒するねん、みたいな感じ。

解毒思考も危ない。

放射能の時も同じだった。
放射能を受けないことが大事(なのに解毒って・・という意味。)


ということで、適当なメモですが・・・詳細は動画をご視聴いただければ、と思います。今回内海先生はリモート出演だったので、電波の影響で聞き取りづらい箇所がいくつかありました。

私は今はスパタンなどは気にしてなく(気にしても仕方がない)、もしスパタン怖いと思っていたらフィットネスジムには行かないですし(ヨガ等のレッスンものでは、窓のないスタジオに結構人が密集してレッスンを行っている)なにか体調が少しでもおかしくなったらまた考えようとは思いますが、今のところ結構元気に過ごしています。

ネット上でよく耳にする、接種者が化学物質のような変な匂いを発している、というのも私は一度も感じたことが無く、鼻はめちゃいいほうなので変だなぁと思っています。

藤原先生のツイッターより

↑(翻訳)NEW-イスラエル保健省(右)は内務大臣(左)に「Covidパスポートには医学的または疫学的な正当性はなく、予防接種を受けていない人に予防接種をするよう圧力をかけることだけを目的としている」と述べたと記録した。


ということで、「コロコロ蒔く→枠パス」の目的は「注射」、ということですね。

それは昔発行されたビルダーバーグの本にも書いてあります。

で、その先はどうなるのでしょうか。

総裁選

ところで高市早苗さんが打った注射が異物入り枠だったということをご本人が言われてました(自民党総裁選出馬会で)。総理候補なのに本物を打ったのかしら?

ずっと打てずにワク難民だったともおっしゃってましたが、かなり前に政府関係者のワク希望者を募ってましたよね?で、2000人中100人しか申し出がなかったというニュースがあったと記憶してますが、その時は打たなかったの?それで枠難民と言うのもなんだか変な感じと思いました・・

とはいえ、高市さん人気が凄いです。

↑今日地点でのyoutubeですが、この視聴率の差・・・
高市早苗 244万回視聴 グッド6.2万 バッド4133
河野太郎 23万回視聴 グッド1499 バッド1.5万

河野氏の出馬会見動画にはバットの数が無茶苦茶多くて、グッドの数が超少ない。TVと違って視聴者の動向がはっきり見えてしまうのがなかなか酷ですね。

高市さんの会見を全部視聴しましたが、こんなにいろいろしっかり発言できる人なんだ?と驚きました。あんまり興味なかったもので。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。