抗体カクテル療法、注射を打ってる人は対象外だなんて、、

このニュースは結構驚きました。貴重なコロコロ治療方法なのに、あとだしじゃんけんみたいに今頃対象外と言うなんて、、嫌ですね。

そもそも何故注射を二回打った人はこの治療法は対象外なのか、書いてないのでよくわかりません。

世界の報道でも、注射済の人が重症化して沢山亡くなっているというのに、「打った人は抗体カクテル療法という選択肢がなくなる」っていうのはどうなのかな?と思いました。

何かおかしい。。。


“宿泊療養施設で死亡”の女性はワクチン2回接種済み…「抗体カクテル療法」の対象外
9/14(火) 17:55配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ef16504ee479e31d2173e6535c166b5e5061922

大阪府の新型コロナウイルスの宿泊療養施設で、9月13日に療養中に死亡した60代の女性がワクチンを2回接種していたことがわかりました。

大阪府は、9月8日から新型コロナウイルスの宿泊療養施設で療養していた60代の女性が13日に部屋で死亡したと発表しました。毎日看護師が行っている健康観察の電話に女性が出ないことから部屋に入り、発見に至ったということです。女性は軽症で、発熱症状が続いていましたが、酸素飽和度の数値に異常はなく、症状は安定していたということです。

府によりますと、女性には基礎疾患がありましたが、7月上旬に2回目の新型コロナウイルスワクチンを接種済みだったことなどから、入院ではなく宿泊療養施設で治療をしていたということです。

(大阪府 吉村洋文知事 9月14日)
「特に高齢者の方は、ワクチンを2回接種してもお亡くなりになる場合が、ケースとしては非常に少ないけれどもありますので、非常に気をつけて対策をしていかなければならないと改めて思います」

また府によりますと、女性はワクチンを2回接種済みだったことから重症化を防ぐための「抗体カクテル療法」の対象外だったということです。

軽症~中等症対象 抗体カクテル療法

新型コロナの軽症から中等症の患者を対象に行われている「抗体カクテル療法」。厚生労働省は容体が悪化した場合に緊急で入院治療ができる医療機関などに限り、外来診療でも投与できるようにすると自治体に通知しました。

「抗体カクテル療法」は、新型コロナウイルスの軽症から中等症の患者を対象に7月承認され、入院患者のほか、一定の要件を満たす宿泊療養施設や臨時の医療施設に限って投与が行われています。

https://www.nhk.or.jp/shutoken/newsup/20210802e.html

↑この記事を読む限りでは、

2種類が投与されると、ウイルスの表面にある突起部分「スパイクたんぱく質」に結合し、増殖を防ぎます。異なる抗体を投与することで、変異ウイルスにも対応できると期待されています。

と書いてあるので、既に注射を接種済みの方は体内に注射のスパイクたんぱくがあるのでこの治療薬は使えない?とかそんな感じなのでしょうか???

江部先生のブログ

ワクチン接種率。7日間の新規死者数(人口100万人あたり)9/12現在。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-5730.html

接種率が高いイスラエルでは、デルタ株がでてからは死者が急増。全然効いてない。

そして、接種率が低く医療水準も低いインドのほうが死者が少ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。