EO光、グローバルキャストという代理店、騙された経緯メモ

ごんにじわ\(°▽°)/

なんだか代理店に騙されたみたい。。
今日はその経緯を記録に残しておきます。

意を決することでもないが、一応

今後一切の訪販は無視することにする。いかなるものも容赦しない。(電話での押し売りは無視している。そもそも固定電話には気が向いた時しか出ない。理由は押し売り電話ばかりだから。)

今回は何の訪販?

「EO光(インターネット)と関西電力の両方のご契約で割引があるのに、お宅はその割引が適用されてない。お手続きしましょう」という話だった。

しかし後日発覚、実際は「関電→EO電気に契約を変えてくれ」って話だった。

代理店販売員は押し売りしたいものが「EO電気」であることを一言も言わず、「関電の契約で」と何度も言っていた。これは騙しだと思うのですが?!

訪販に来たのは誰?

グローバルキャストという代理店から2名(印象の良い女性、丁寧で低姿勢)。

なのだが、「自分たちはEO光の者です」と言った。

経緯

我が家にピンポン~と突然来た営業の人。「EO光の者です」と言う。こちらが疑うそぶりをみせると身分証を出してきた。(が、さっと見せるだけ、ほんの2~3秒ほど・・)

お客様はEO光(インターネットと光電話)と関西電力(電気)をご契約されてますが、この2つは同じ会社ですので

・今後毎月550円×12カ月間割引が入る
・更にこの先ずっと毎月ご利用料金から5%割引になる

EO光は5年ほど前からご契約されていますが、本来なら入会時に550円×1年間の割引があるはずが、お客様はまだ受けられてない。毎月5%引きも5年前からずっと受けられるはずなのに今までずっと受けられてない。なのでこの割引を今からでも適用させていただきたいのです、と言ってきた。

今と何も契約は変わらず、関電+EO光の契約(関電の契約はオール電化だとダメ)で割引が入るので、断る人はいないです、と言われた。

私「そんなの初耳・・」

代理店「メールなどでご案内を見られたことはないですか?」

私「EOのメールは一切見ないので知りません。EO光の入会は店頭でしましたけど何も言われませんでした。それに少し前にモールでEO光の臨時ブースがあったので、スタッフさんにプラン変更等してもらいましたが、その時も何も言われてませんけれど。」

代理店「案内がきちんとできていなかったようで大変申し訳ございません(と何度も謝る)。こちらの不手際で申し訳ございません。その担当が案内ミスがあったのだと思います・・云々」

ここでポイント!

低姿勢で謝罪され「こちらの案内ミスのせいで」と言われると、この方がいかにもEO光の社員のように思えます。

ちなみにモールにあった臨時ブース、契約書類の社名を見ると「オプテージ」となっており、グローバルキャストとは何の関係もない・・(けど、いかにも自分とこの同組織と思わせるような紛らわしい言い方だったのも気になる)。

※「オプテージ」はEO光やマイネオの会社名(母体は関電)。

経緯つづき

現在の我が家の契約状況である「関電+EO光」で、割引が受けられるというので「じゃぁお願いします」と言いました。(そもそも2つは同じ会社なのに何故自動的に割引にならないの?と、今更だが思った)

ここで問題発生。

関電とEO光の契約名義人が違う、支払い方法も違うので、関電に電話して本人確認が必要と言われ、そのようにしました。

その後、割引を適用するための契約をするとのことで、代理店の方のipadのような端末(たぶんipad)で手続きを開始。

代理店さんは私の個人情報を「本人確認」と称して聞いてきて、EO光の契約画面?のようなものに手入力していたように思います。

あれ?それってなんかおかしくない!?EO光の社員なら入力するってありえない、元から入力されているはず(と今気づく・・)

あ!鴨リストに入った?!Σ( ̄⊥ ̄lll)

支払い方法は1つにまとめなくてはいけないと言われ、EO光を支払いしているカード決済でまとめることになった。「関電とEO光は同じ会社なので、会社のほうで自動的に手続きできますので」と言われる。支払いカードについては何も詳細を教えていない。

最後に「チェックシート」と書かれた用紙を渡され、1週間~10日後に届く書面を必ず受け取ってくださいと念押しされる。この書面が届かない場合は電話くださいとのこと。電話先は、EO光のフリーダイヤルになっている。

それで届いたのがこちら↓

ここで初めて、EO電気なんて契約してないけどー?となり、なんかおかしい!これは詐欺ではないか?

だってEO電気というワードは一度も聞いてないし、電気は関電のままで!と何度も聞いたが「はいそうです」だった。

スマートメーターが嫌だから、我が家はまだ関電にお願いしてアナログメーターにしてもらっている。だから電力会社は変えられないのだ。

ちなみにスマートメーターの話もしましたが、「関電は2023年までには全世帯スマートメーターに替えることが決まっています」とこの代理店の人から言われた。

「2023年までには、ということですか?」と期限について突っ込んで聞いたが曖昧な返答しか返ってこず。いやいや、スマートメーターにするって決めたと言われるならば莫大な電磁波を30分おきに出すようなメーターでは困る。それでなくても今年、近隣が全てスマートメーターになったせいか知らんけど頭痛が頻発してるのです。

話戻ります。

上記の書面が届いてすぐEO光に電話→「EO電気なんて契約してないですし、グローバルキャストという代理店が名刺を置いていかれましたが、一体どうなっているのですか?契約を元に戻してください。電気は関電でしか契約しません。」と言いつつ、起こった経緯を説明。

EO光サポセン「申し訳ございません。全て記録に残し、上に申し伝えます。つきましては再度担当からお電話折り返ししたいので、明日か明後日は如何ですか?」

わたし「はい、OKです」

となり、電話終了。

そのあとネットでこの代理店の事を検索したら、なんだか怪しい話がいろいろ出てきて一層不安になり・・訪販のクーリングオフは契約日から8日以内に書面(葉書)にて手続き、書いた葉書のコピーを必ずとり、葉書はなんとか記録郵便で郵送、みたいなことが消費者センターのHPに書いてあった。

えぇ!8日以内って、折り返し電話なんか待ってられないじゃん!書面送るなら消費者センターに電話して正しい書き方を聞かないといけないし・・と、またすぐEO光に電話。

今度は違う方が電話に出られ、また一から説明するはめになるのか~~と思いましたが「あ、さっきの○○担当者さんは履歴を入力されてましたのでそれ読んでくださいませんか?」と言いました。(実は私、むかしサンシャイン60の最上階から1つ下の階で、インターネット技術サポートセンターのバイトをしていたのでいろいろわかる)

履歴を読んでいただき、いろいろ上司に確認されていたようで、「ではこの電話でEO電気の解約(というか取り消し?)、支払い方法も元のまま、を承ります。書面での通達は必要ございません。明日以降の後日再入電も無しで、この電話で承りますね」ということになりました。

とっても良い方でした。

いやいや、今回の登場人物、みんなとっても印象の良い方ばかりなんです。でも明らかに「嘘」で全く違う契約をさせましたよね??

という・・・

なにこのコロナ禍で、社会はこんなに荒んでしまったの?

人を騙すようなこと言わないと契約取れないとかなの?

ネット関連に詳しい私でも、嘘つかれたらそりゃ騙されますよ・・

ネットや契約に詳しくない人なら、関電→EO電気に契約が変わってしまったことすら気づかない可能性高いよ・・

どうしてこうなるの?

EO光のサポセンの方との電話で、「最後に何がご不明な点はございませんか?」と聞かれ、だんだん思い出したら代理店に腹が立ってきてw

「あの~・・私思うんですけど、

・代理店の方は”自分たちはEO光の者です”と言い(嘘)

・EO電気の契約を取りたい話であることには一切触れず(最重要なことを言わない)

・関電の契約のままで割引できると言い(嘘)

で、届いた書面は「EO電気サービスのご案内」って、これって詐欺じゃないんですか?(穏やかに話しております、サポセンの人が悪いわけじゃないので)

と言うことで・・・

「大変申し訳ございません、全て上に申し伝えます」とマニュアル通り言ってもらって「はい、お願いします」とあっさり引き下がるわたし。ウソはいかんよ?うそは!と言っておかないと。

教訓

・突然家に押しかけてくる訪販は、不要なものを売りに来る。
・時間の無駄も厳しい。
・コロナ禍で訪問だなんて感染リスクが!!!(気にしてないけど…)

以上、グローバルキャストという代理店についての話でした。

ちなみにこの代理店の女性2人はいい印象の人たちでした。ウソさえなければ。そもそも怪しい人だったら話も聞かずお断り、ですね。

人を騙す人は大抵「いい人」に見えるようなルックスだったりします。

もひとつ、どうでもいい話ですが、女性二人のウレタンマスクは何カ月使っているの?というくらい毛玉がいっぱいで生地も伸びていました。身なりを気にしなくてはいけない営業なのにちょっとおかしな感じ。この点からしても「いい人」そうに見えているけど実は「まともな神経ではない」と判断できると思います。

でね、こうゆうのは、客を獲得するための「マニュアル」があると思うんですね。このような仕事のやり方をさせられているのではないかな?と私は考えます。社員ですらなく、ただのアルバイトや契約社員ということも?

私と同じくお困りの方がいらっしゃるかもしれないと思い、起こった経緯を長々書きましたが、思うままに書いたので読みづらくッてすみません。

ただ、EO光(オプテージ)がグローバルキャストという代理店を使って営業させている、とも思われますので、EO光の信用も正直ガタガタガタ~ン。

マイネオなんて、あり得ないほど素晴らしいサービスしていますし気に入ってるのに、なんだかEOに違う面も見えてしまい残念。

でもEOサポセンの対応は素晴らしかったです。

ありがとうございました。

※「EO光、EO電気、マイネオ」の母体は関電。同じ社内で何をやっているのだか。

2021.10.6追記

今日、以下の封書が届きました。

「eo電気サービスのお申込み内容のご確認」ですって・・申し込んでないし。

今気づいたのですが、EOって小文字だったんですね(汗)
EO光じゃなくてeo光(*゚ー゚),。:*:°☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。