今日ジムに救急車が来た。

午後の昼下がり、今日はヨガとピラティスの2つのレッスンを行った後、マッサージチェアが空いていたので15分間マッサージしてからさぁ帰宅しようとエントランスに行ったら救急車が停まってました。

サイレンの音など全くしなかったのでちょっと驚き。(ジムだから施設自体が防音なのかも?)、そして担架に乗って運ばれるジムの会員さん・・(高齢女性)

ものすごく大きな痙攣を起こしておられ、あ・・この痙攣は。。ネットで見たことある、、あれの副反応にそっくり・・

大丈夫かな?と思うと同時に怖くなりました。

最近更衣室や休憩所などで、そこそこ高齢の方の会話で「3回目打つのを楽しみにしている」「明日打つの」「私はこないだ打ったばかり」なんていう会話もチラチラ聞こえてきていた。そんな時、私は黙ってすーっと退散。

去年は打った若いアスリートがたくさん死亡してると海外では報道されてますが、打ったら激しい運動は危ないとのこと。

今後運動施設ではこうゆうの増えるのかしら。。。ジムでは契約時に、基礎疾患のある人は入会できないと書面に書いてあったので、通っている人は皆元気な人のはず。

ちなみに去年、注射を打って亡くなった知人は2名(30代と50代の女性)です。でも2020年以降ころなに感染した身近な人は一人もいない、、変すぎる。

コメントは受け付けていません。