ホメオパシーを勉強中(花粉症対策がしたい)

今年に入ってホメオパシー医学に興味を持って、本を読んでみてます。

ホメオパシーは、10年ほど前に「フランス在住経験のある友達」から直接聞いて知ったのですが(EU圏では普通に利用されている医学)、その頃はそこまで興味が湧かず、どんなものかというおおまかな話を聞いただけで、特に自分で調べることまではしなくてですね。(心のどこかでちょっとトンデモ系?!って思ってた)

しかしその後、メタトロンとか量子力学、量子医学、波動医学なるものを知り、なんだかすべてそっちへ繋がっていくんですねぇ~。ホメオパシーは英王室、エリザベス女王も昔から使っておられるというのはまぁ有名なお話。

まずは図書館で2冊の本を借りて読んでみました。

「花粉症にはホメオパシーがいい」

花粉症にはホメオパシーがいい

花粉症をホメオパシーで緩和させたいのでこの本はドンピシャでしょう。ホメオパシーがどんな医学か?ということや、症例なんかも書いてあり大変参考になりました。最後の方に、母の主治医の名前も登場し、びっくりしました。

ホメオパシーは、日本では漢方がありますが、似たような位置づけかもしれません。

「ホメオパシーのくすり箱」

もう一冊、こちらもすぐに借りることができました。

40種類のレメディの説明があります。レメディってのは、薬みたいなもんですね。西洋医学のような石油から作った副作用てんこ盛りの薬ではなく、「砂糖玉に情報が入っている」というものなので、日本人にはトンデモとか詐欺?と思えても仕方ないでしょう。情報ってなんやねん!

水に情報を転写できることは、他の本などで既に知っていたのでなるほどな~と思った次第。いやむしろ、それだ!と思っています。

この本は「ホメオパシーのくすり箱 第2版」が新しく出ており、そちらですと本の内容は同じと思いますが「シンファイタム」というレメディの紹介が1つ追加されています。第2版のほうがいいですね。

説明はこのような感じで↓大変見やすく、レメディのイメージを表す挿絵もついてます。

以上の2冊は図書館で借り、次に私が購入したホメオパシーの書籍は以下の2冊。

書籍「病気をその原因から治すホメオパシー療法入門」

新書サイズの本で、ホメオパシーを知るならこれ1冊読めば良いでしょうというくらい初心者にわかりやすく書いてあります。アマゾンレビューが非常に良いのでコレに決めた次第。

ホメオパシーがどうゆう医学なのか、世界中の多くの国で使われていることや(けど日本ではトンデモ系になっている)家庭でできるホームケアの方法、症例など盛りだくさん。

巻末にレメディ辞典がついてるのが良い。しかし、もう新品は買うことができないのか?どこにも売ってなくてですね、仕方なく中古で購入。

「中古本の代金100円+送料の340円」、届いた本は傷ひとつない新品同様のものでしたので納得。

症状別レメディ辞典

199~210ページまでが辞典。

書籍「ホメオパシーin Japan―基本36レメディー」

次に、レメディについて詳細に書いてある辞典のような本は必ず必要なので、由井先生の書籍を購入。これ1冊あれば基本レメディのことがすべてわかる、家庭でのホームケアが可能。

レメディはホームケア用の36本基本キットのものが売っていて、そのセット内容のレメディを説明している本です。

アマゾンのレビューを見ると、由井先生が描かれている絵が気持ち悪くて無理と複数書かれているのですが、一体全体どんな絵なのか?見るまでドキドキ。

レメディの説明が詳しく書かれてます↓

そして、話題の絵↓

笑。

なかなかシュールな絵で、むしろ私はこうゆうの好き~(^^)。そっか~これをキモイと思う方もいらっしゃるんですね。確かに可愛くはないし万人にうけないかもしれん。。

私は、シュールすぎてじっと見てしまう。面白すぎる。

いやいや、私はひとまず花粉症の緩和にと思っているのですが、この基本レメディ本には花粉症にどうぞと売られているスプリングKセットやスギ花粉用のレメディの説明が1こも書いてなぁ~ぃ!

が~ん!

一応、まだ考え中ですが、

私が試そうとしている花粉症のレメディ

  • スプリングKセット(バイタルソルト、TS-18、サポートKafu)(1カ月分の小瓶 2,322円)
  • 「Sugi-poll./スギポーレン(小瓶 583円)」または、「K-Sugi(小瓶 929円)」

私はスギ花粉に反応するので、スギポーレンかK-sugiか、迷ってます。どっちでもいいんじゃなかろうか?よくわからない・・どちらもスギ花粉のレメディなんですが。

他に、頭痛のレメディなども探して一緒に買うかもしれません。まだ考え中。

ただ、去年の花粉症はわたし、だいぶ軽かったような記憶もあるんですねぇ(もううろ覚え)。もしかしたらもしかするけど、今年は花粉症治ってるかもしれない!?(んなわけなかろうよ)

目が痒くなりはじめてからレメディを注文しようかしら?

いや、少し早めから始める方がいいのでしょうか?

とかなんとか。
うだうだしています。

花粉症が酷い方はもう反応しておられ、私のヨガの先生も重度の花粉症で既に発症しておられます。とても辛いと・・・

お、お気の毒な・・

わたしは・・今年はまだです。正直、今の世の中でくしゃみなんかしようもんなら、1~2回ならスルーしていただけても、何回もくしゃみするとか鼻ズルズルしていると、冷たい視線を浴びそうな~悪寒(予感)。

しかし花粉症の人は多いしまぁ大丈夫か。ヨガレッスン中は「花粉症です」シールでも顔に貼っとくかね。(シール、売ってますよね)

レメディ買って、使い始めたらまたどんな感じか書くと思います。新しいこと試すのワクワクする~。

そう言えば、コロナ時代になり飛行機が今までのように沢山飛ばなくなって、花粉症を発症しなくなったと言ってる人もいらっしゃるようです。(元厚労省の博士のお話)

花粉症って、大気中の汚染物質と花粉が反応して何かになり、その何かが人々に悪さをする、とかそうゆう話も聞いたことがあります。

なんにせよ飛行機とは、ちと興味深いお話です。

私も去年、軽症だったような気がするのでもしかしたら・・

今年も軽症で、このまま消え失せることを願います。そして、どんどん元気になるのです。

レメディは電磁波に弱い

レメディ保管は、海外で使っていた電磁波を通さないポーチにいれとくつもり。

このどちらも、電磁波を通さない布とジッパーで作られています。レメディをアルミホイルで包んでおけば尚良し。

レメディはアマゾンでも売ってますが、アルミホイルに包まれずに発送されてきたと書いている人が何人かいらしたので、それだと正直、全く意味がないと思うんですよね。アマゾンの倉庫なんて、めっちゃ電磁波にさらされていると想像します。

私はホメオパシージャパンの正規代理店ネットショップで注文するつもりで考えてます。

($・・)/~~~

コメントは受け付けていません。