100円ショップ|端子の違うスマホのモバイルバッテリー化

100円ショップのセリアで調達したケーブルのご紹介。

USB延長ケーブルは今回関係ないのですが、写真の「下の3つ」でスマホをモバイルバッテリー化させました。(モバイルバッテリーを持ち歩くのが重いので・・・)

お店にはコードリール型ケーブルはこれしかなかったので、これで対応可能なようにアダプターを揃えました。

  • コードリール型のマイクロUSB端子×USB端子
  • マイクロUSBをタイプCに変換するアダプター
  • USB端子をタイプCに変換するアダプター

このスマホのバッテリーは5000mAhもあるので、出先で充電がなくなりがちなBluetoothイヤホンや空気測定器の追加充電に超便利です。

以下は最近人気の空気測定器、これほんま電池すぐなくなるの(1000mAh)。完全に電池がなくなった状態で放置するとバッテリーがバカになるのでいつも電池残量を気にしています。

でもケーブルを持ち歩くことでスマホから充電できるし、充電したとしてもスマホのバッテリーはそんなに減らないのでとっても重宝しています。

全ての端末がタイプCならいいのですが、今はマイクロUSBも混在しており、何本もケーブルを持ち歩くのも嫌だしケーブルが長いのも嫌だし、コードリール型で変換ケーブルを繋げて利用することで、持ち物が多少コンパクトに゚+.(*’ω’*)゚+.゚。なったと思うのです。

(^_-)-☆

コメントは受け付けていません。