花粉症|ホメオパシーを今日から開始。選んだレメディの紹介など。

最終更新:

昨日3/7から花粉症が始まりました(・∀・)。
目が痒い(鼻はまだ大丈夫)。

というわけで、以前書きましたホメオパシーをね、本日から開始いたしました。

私は今年に入ってから書籍でホメオパシーって何ぞや?から勉強し、あちこちHPも訪れて、ホメオパスに診て貰わずに自分で勝手にやってみよ~と思っての開始です。

今日1粒、レメディを取ってみた感想を先に書くと、めっちゃ効いてて全く花粉症の症状が出なくなってます。かなり驚ィ!(私は特に、なんでも効きやすい体質)。

頭(顔?)の中心が暖かい状態が続いています。イメージとしては脳内に花が咲きまくっているようなポカポカした感じ。

今日届いたレメディ

購入は、ホメオパシーソーカン(ホメオパシージャパン正規販売)でネット注文しました。下にリンクを貼っておきます。

※購入サイトはアマゾンですが、アマゾン発送のものではなく、アマゾン内のマーケットプレイス(ホメオパシーソーカン)で買いました。ややこしいね。。

正規販売のお店だときちんと電磁波を遮断する「アルミ箔」で包んで発送してくれます。アルミ箔はめちゃ大事なので、「アマゾンから発送」というので買うのはおすすめしません(アマゾンはアルミ箔なしで届くとレビューに書いてる人が何人かいらっしゃる)。

クリックポストで届き、飲み方説明書も入ってました。

今回は以下の6本を購入。1瓶が小さいのはわかっていたつもりなのに、実際思ってたより更に小さく衝撃的(゚∀゚ノ)ノ

  • 花粉症の私用:スピリングKセット、スギポーレン30c
  • リウマチの母用: TS-10、Bry

いづれも30粒入りの小ビンです。

6本で 4,298円(送料無料)でした。

ではまず、目が痒いので・・・

スギポーレン

スギポーレン30cのケースから注意深く1粒を蓋にコロンと取り出し(砂糖玉を直接触らないように注意)、口の中に入れて溶けるまで待ちました。それが、玉が小さすぎて口の中に入れたらどこいったかわからなくなってしまい\(°▽°)/本当は舌の下に入れたかったのですが。

そうそう、レメディを飲む時は刺激物を食べないように、珈琲もダメ(絶対ダメなわけではないようですが、効き目が薄まると意味ないし)そして歯磨き粉もダメです。

2~3分でうっすら甘い味がなくなったので、口の中でどこいったかわからなくなりましたがきちんと飲めたと思います。

レメディはアルミ箔に包み、海外旅行用に使ってた「電磁波遮断ポーチ」に入れ保管。

明日は花粉症の症状がでなかったらレメディはとらない予定です。ドキドキ・・・

で、昼過ぎにとったスギポーレンのレメディですが、目の痒みがわりとすぐになくなって、自分でもまさか?!wって思うものの、夜になっても何の症状もでない。

ウソでしょう!

自分でも信じられない。いや、まだ飲んで1日目ですし、そもそも昨日から目の痒み症状が出だしたばかりなのでまだ症状は弱かった。

天気予報では関西は3/10から花粉が大量に飛びまくると出ているし、また花粉症の症状はどんどん出てくると想像しています。なので症状が出たらまた1粒とればいいかと。

今はスギ花粉のシーズンなのでスギポーレンを飲むことにして、スプリングKセットはまだいらないと考えています(私が勝手にそう考えているだけ)。

1か月くらい経ったらまたどうなったかを書きたいと思ってますが、これでうまくいけばもう西洋医学の薬が不要になり、最高であります。

今まで花粉症の薬としては、病院処方の「アレグラ、タリオン、アレロック」の3種をくるくるまわして20年くらい飲んでました(1日1錠)。なぜくるくる回してたかというと、1つの薬を飲み続けると耐性ができて効かなくなってくるから。

でもこの薬が不要にできれば嬉しいと思い、今年からホメオパシーで根本治療というか、治療じゃないな。。根本的に体質を変える?をレメディに頼ってやってみようと思いました。例えば小麦粉断ちをするとかもありますが、そうゆうのは私は無理でした(やってみたけど)

では次に、素人の私が本を読んで選んだレメディの説明を引用いたします。

「似たもの=同種のもの」を使うのがホメオパシー
「同じもの=同一のもの」を使うのはトートパシー

スプリングKセット(ホメオパシー)

TS-18

花粉症体質の栄養、サポート。テイッシュソルトをコンビネーションしたホメオパシーレメディ。

TS-18は、ホメオパシージャパン・オリジナルのバイタルキット「Nat-m.12X」「Mag-p.12X」「Sil.12X」などの生命組織塩をコンビネーションしたTSレメディです。

花粉症は昨今急増しているアレルギーのひとつであり、これ以上、毒を入れてくれるなという身体からの警鐘であるとも理解できます。花粉のような害のないものですら異物と判断せざるを得ないほど、この身体は不自然・不要なものでいっぱいになり、それらを処理しきれない状態になっているということでしょう。

水溶性の鼻水が出続け、くしゃみが止まらない、目のかゆみやヒリヒリが続く。そんな状態が続けば、身体はいつもピリピリとして力が入り、リラックスできない状態に陥ります。TS-18はそんな場合に不足するミネラルのバランスを調整し、必要な排泄のサポートをしてくれるものです。

サポートKafu

花粉症のサポート。鼻水・鼻づまりによいホメオパシーのレメディー。

「all-c」「 Euphr」 「Sabad」などをコンビネーションしたホメオパシーレメディです。

バイタルソルト

体力をつけ排出を高める。

バイタルキットの「Calc-f」~「Sil」の生命組織塩12種類がコンビネーションされたホメオパシーレメディです。

スギ花粉レメディ(トートパシー)3月~

スギポーレン30c(小瓶)

今日私が飲んだものです。もしかしたらコレ1本だけでよかったのかも汗・・


スギ花粉で作ったレメディ。

スギポーレン30c(大瓶)

ヒノキ花粉レメディ(トートパシー)4月半ば~

花粉症については以上です。

次は、母のリウマチに良いだろうというレメディ

TS-10

TS-10 関節痛/リウマチ痛

※アマゾン発送ではなく、ホメオパシーソーカンから発送の品を選ぶ。

慢性的な関節痛やリウマチ痛はホメオパシーでは淋病(Sycotic)マヤズムからくる症状とされています。淋病マヤズムは冷たい湿った天候や場所で、症状の悪化が見られます。

リウマチは自己免疫疾患のひとつであり、病理的には関節炎の抑圧が進んだものでもあります。ですから、基本的にはホメオパスの相談会を受けることをおすすめします。

ただ、季節や時期的に関節痛が出てしまうようなときなどに、サポートとしてTS-10を用いて様子をみるのはとてもおすすめです。

また、TS-10は痛風の方にもおすすめのサポートです。関節痛の中でも、成長期の身体の発達のアンバランスから起こる痛み(成長痛)にはCalc-p.やTS-21がおすすめです。

レメディーTSシリーズ説明 詳細説明版 TS(ティッシュソルト・生命組織塩)
https://ameblo.jp/homoeopathy-kanazawa/entry-12507941012.html

Bry. ブライオニア

由井先生の書籍では、P.241にリウマチならこれ、という4種のレメディの記載がありましたが、その中でも母の出ている症状にはブライオニアが該当すると思いました。

母は昔の人で、西洋医学どっぷりで、私と全く違う考え方を持っているので普通に病院に通ってますが、リウマチは良くなることはなくなんかどんどん悪くなっていってない?と思うんですね。対症療法なので治るわけじゃなくただ痛みを緩和させてるだけなので、レメディを取ってみてもらおうかなーと思って一緒に注文しました。

母曰く、ホメオパシーの本を読んでもさっぱり意味がわからずとのこと。非常に懐疑的なんですが、ただ病院の薬を飲んでもちっともよくならないので、私が言うホメオパシーでもやってみるしかないかという、かなり後ろ向きの考えで、、、(^~^;

リウマチなどのやっかいな膠原病ともいえる難病の場合は、きちんとホメオパスの先生に診てもらったほうがいいのですが、懐疑的なもので、、とりあえず今回買ったレメディでどうなるか?試してみます。レメディとりながら、薬も止めずにやってみます。こちらは期待薄ですが。

参考サイト

花粉症のケア トートパシー編
https://tomosanchi-online.com/archives/spring4/

日光アレルギー レメディ

熱や風邪による発疹
日光アレルギー
蕁麻疹(じんましん)など。

コメントは受け付けていません。