電動アシスト自転車購入「ステップクルーズe 2022」

メーカー品の電動アシスト自転車の値上げがウルトラ激しい。自転車だけ超インフレではないですか!そのヤバさはどのくらいかと言いますと

2020年初め頃は12万円台だったブリヂストンのステップクルーズeが、2022年8月現在17万円超え!

うぉぃ!
こりゃどうなってんだ? (* >ω<)=3

まだこれから上がる(下がることは無い)と自転車屋さんで聞いたので(;^_^A 自転車2台目として電動を買うことにしました。一応あちこち自転車屋さんに見に行って2週間悩んだ。

結局買ったのは、今乗ってる普通自転車のステップクルーズと全く同じ、黄色のステップクルーズeという車体にしました。何故なら・・車体の感じが変わると走行が怖いからです。(私はかなりどんくさいので)

ステップクルーズe 2022(日本製)

どうですか。ママチャリにしてはかっこい~!(あ=バッテリーがついてなw)

自転車店で充電中。

これはママチャリではないようですが、タイヤが太めでマウンテン風。これの青や赤をたまに街中で見かけますが、乗っているのは制服を着た高校生など!(^^)!

↓マットカーキ色のカスタマイズ車もありました。(なぜ後ろにそんな籠が?)配達用?

↓バイオレットブルーは、紫がかった青。どう見ても紫。

夜に乗ることはもうほとんどないですが、どんくさいのでとにかく目立つ色にしておきたい。車から見て「自転車来たな」とすぐわかる色。

他には赤がありますが赤は好きじゃない・・ということで黄色にしました。

パンフレットに記載の定価は174,000円(税込)
恐ろしい価格。。高すぎる!給料あがらないのにインフレっ。スタグフレーション~。

こら、日銀、いつまで円安やってるのか?わざとやってるでしょ、誰の指示や?w(それは機密)次の総裁は雨宮さんがいいですね。

お支払いは少し値引きの164,890円(税込)でした。

↓実は他の自転車屋さんでは同じモデルが151,800円(税込)だったんです。

13,090円の差があるのになぜ高いほうの店で買ったかと言いますと、ここが重要ポイントなのですが、

アフターケアが最高」これで選びました。長い付き合いをするにはアフターケア重要、そしたらまた次の自転車も同じ店で買う。

他に数件、チェーン展開している大型自転車店をまわりましたが、どこも購入後の定期点検が3年間しか無料にならず、4年目からは全て有料になると。電動自転車を整備に出すのにいちいち有料となると、そのうちケチって出さなくなる=早く傷む。しかも3年保証には6000円ほどの保険に入らないといけない。

けれど私が購入した、京都滋賀でチェーン展開しているコンズサイクルという自転車店は、ここで新車を買えばず~っと無料で定期点検してくれるのです。これ、大きいです。どこの支店でも無料なので最高。

今乗ってる普通のステップクルーズは8年半乗っているのですが、年1回定期点検に出しているので今でも全然問題ない(2020年に後輪タイヤパンクして交換済)ブレーキがキィキィ音を立てたことも一度もない。

定期点検をしていればこんなに状態良いまま乗れるんだ?と知り、買う店は絶対アフターケアが良いところにしたいと思ってました。

別途取り付けたもの

走行中のスリ、盗難除けのカバン

ちんたら走行中にバイクなどでカバンをひょぃと盗られる事件がごくたまに起こります。私は盗られたことはないですが、お巡りさんからそのように教わりました。そもそも走行中に手が横からぬーっと出てきたら怖いし危ない。

このバックはたまたま自転車の籠にピッタリサイズだったので使うことに。(もともと家にあったもの)

バックにはダイソーのワイヤー錠を装着。

ダイソーのワイヤー錠は沢山ありますが

ワイヤータイプにしました。金属ですと走行中に籠と擦れ合って籠の塗装がハゲるのです。こちらはビニールで包まれたワイヤーなので大丈夫かなと。

バッテリー盗難除けにワイヤーロック錠

自転車屋さん曰く、電動自転車のバッテリー盗難が相次いでいるからワイヤーロックしてほしいと言われました。なんだか・・日本も物騒になってきている?

バッテリーは鍵でロックされてますが、2重にロックは必須とのことで。ダイソーで短いワイヤーロックを購入。

短いので、押し込めば固定された状態みたいになりました。こりゃぁいい。

スタンドが自動ロック

自転車を停める時、スタンドロックが自動でロックされるのが驚き。無くてもよい機能なのに、痒い所に手が届く便利機能をつけてくれるのが日本の物づくりだなぁと感激。

ベルはここ

ベルが無い~と焦りましたが、こんなところに。手でもってるところを回転させるとチーン!いつからこんな仕様になったのでしょう?お洒落ですね。

電動アシスト、両輪駆動

2022年モデルから更に長く走行可能になりました。

アシストは3段階あり、
エコモード200km、オートモード105km、パワーモード62km。

エコモードで十分なので、あまり充電しなくて良さそう。電動自転車は、車体は10年ほどもつようですが、バッテリーが(早い人で)3~4年でダメになるんだそう。バッテリーは現在41,800円。タイヤも消耗品。

700~900回充電するとバッテリーが半分の量になる。そんなに頻繁に長距離は乗らないので、私の場合バッテリー10年以上もつのでは?なんて思っている。

極端に暑い&寒い季節に屋外に置きっぱなしにしているとバッテリーがバカになるとのことで、室内に持って入るよう指導いただきました。(ちょっとめんどくさいわね?みんなどうしてるのだろう・・)

走行中に自動充電(回復充電機能)

この自転車は走行中で、ペダルをこいでない時と、左ブレーキをかけている時に自動回復充電される機能がついてます。フリーエネルギー?

科学館で自転車走行して電球が点灯するっていうのに乗ったことがあるので、あんな感じで発電するのでしょう。自動充電される自転車はまだあまりないようです。ブリヂストンくらい?

↑付属のどでかい充電器に置いて、コンセントから充電する回数が減るのでよりバッテリーの持ちがよくなっています。

実際乗ってみた感じ

エコモード、走り出しの時にアシストがブイーンとかかるので慣れないと結構びっくり。人が多くゆっくりしか走れない、道が狭く小回りばかりクネクネした道ではアシストがあるとめちゃ怖いので、電源を切って普通自転車として走行しています。

走りやすい広い道では三段変速にしてアシストをかけると凄いスピードでてこれまた怖いw

とにかくラクチン。急な坂道もスイスイあがるマジック!買って良かったです。

ブリヂストン自転車は3年間の盗難保険付

購入後、ロビンフット手帳の後ろについている専用葉書を送付するか、HPからオンライン登録をすれば保証がつきます。(購入後20日以内にすること)

自転車の鍵3個を1つでも紛失すると補償されないので注意。「鍵を失くす=鍵をかけてなかった」と見なされ盗難されても補償されない。

盗難された場合で補償条件を満たしていた場合は同じ車体の新車を3割の価格支払いで提供してもらえる(ステップクルーズeなら約51000円出すと新車がもらえる感じ)それでも高いわねw

バッテリーの良い順は?

自転車屋さんで聞いた話です。

1位 パナソニック(←さすが電気メーカー)
2位 ブリヂストン
3位 ヤマハ

スイッチカバー

スイッチカバーは、雨などでスイッチが壊れやすいとのことで、可能な限り装着したほうがいいとのこと。スイッチが壊れると修理代が高額になるとのことで。。

電動自転車「ステップクルーズe 2022」スイッチカバー取り付け

おまけ

こんなバイクみたいな自転車もありました。一応これは自転車とのこと。

いろんな自転車屋さんを巡って見て思うことは、先進国日本では高機能、お洒落、変わったカスタマイズ品などで自転車が高級化しており、電動自転車を買う人もかなり多く、昔々、自転車の新車ノーブランド8000円~なんて時代はもう影も形もないのだなとしみじみ思いました。

小学生の自転車も普通に3万円~5万円くらいするし(えぇっ!)

私が乗っていた電動ではない普通のステップクルーズも倍以上に高騰。
2014年購入時は3万円だったのに、2022年現在同じ機種が7万円Σ(゚∀゚ノ)ノ普通自転車だから機能はそんなに変わってないと思う・・

黄色と言ってもちょっと色が違う。旧自転車もまだまだ乗れるので予備として置いておきます。

ほんと、電動らくだ~。

機能説明動画

こちらは数年前のステップクルーズeですが、購入時に機能説明を自転車店でうけたのにもう忘れてしまったので(;^_^A

改めて動画を見てよぉくわかりました。こうゆう動画、本当に有難いです。

コメントは受け付けていません。