華頂宮さん|天皇の歴史の開示がこれから始まります

また凄い動画が出ましたのでメモと言うか、ほとんどそのまま書きました。

多摩御陵参拝〜昭和天皇武蔵野陵・香淳皇后武蔵野東陵〜
2022/08/05

2:30~

2017/10/12平成選定陛下から勅命を受け「天皇の歴史を開示せよ」との事でした。
祖父華頂博信、その前の曽祖父伏見博恭からも言い伝わっておりました。

家訓
1、名は体を表し体は名を表す
1、何時いかなる時も紳士たれ
1、時来るとき己を捨て人をなせ

その時が来たと思います。
まさか私の時代で来るとは思いませんでしたが、そのスイッチを入れたのは平成選定陛下です。
私の意志をもう超えておりますので、平成選定陛下が私を止めない限りこの動きはもう止まりません。

何故なら私達が7500年以上前この土地を離れる時に、ここに帰ってくると大きく誓いを立てました。
そして大仁天皇を含め私達はここに帰って参りました。
その時に、このことがくることを言い伝えてました。

この時はもう動きません。

私達一族は前門交流と言いまして、全ての黄泉の国、現世そしてまた時間軸を超える黄色い龍です。
第八龍王の真ん中に所在すると聞いておりました。

そしてその龍の仕事がやって参りました。
フクロウは龍に変わり仕事を納めます

天皇の126代で全ての歴史が紐づくという言い伝えがずっとありました。
今天皇は126代目。
今の天皇でひとつの時代が終わります。
そしてまた次の天皇になる時には次の時代が始まります。

ここまで要した時間は少なく見積もっても7500年前、多く見積もっても11500年前ということになります。
最後のブレイクスルーを日本がやることになります。
又それは世界の国々の人はほとんど知っておられます
何故かこの国の方が知られておりません。
これを全ての人が理解することは難しい。
時間軸が大きく違うので。
しかしこの国から始めていくことになります。
世界は皆家族です。
そしてすべて1つでした。
なのでこれからも1つです。

7:50~ 香淳皇后武蔵野東陵にて

昭和天皇の奥様、香淳皇后陛下は126代の天皇の中でも最も苦労なされた昭和天皇の奥様。ものすごく苦労なされたと思います。
香淳皇后陛下は横浜みなとみらいにある書を残されています。
その書の中で、世界と随分前に大きな約束をしたと書かれています。ほとんどは読み取ることができませんが。

その世界との約束は少なくとも7500年前か、1500年前か、エジプト時期か、シュメールの時期か、若しくはイスラエルの時代かに約束されたものだと思います。
その約束がついに果たされる時が来たのだと私は思います。

その、みなとみらいにある書の中にこう書かれています。
「とつ国(世界中の国という意味)からの支援物資、非常に喜ばしい、ありがとう」
最後の2行に
「どんなに時間が過ぎても、どんなに年月が流れても、あの約束は忘れないからね」と書かれている。

それは世界と日本が随分前に約束したものだと思います。
それが実は、果たされる時間が来ました。
The time has come,
今だと思います。

コメントは受け付けていません。