華頂宮さん|みんなの生配信 一部メモ 9月10日

気になったところだけメモしました。

54分~日本は独立していません

アメリカの51番目の州であることは間違いありません、法的においてもです。
その事を僕たちは全部隠されています。
本当にこの国が独立できたらいいなと思ってます。
みんなが、(日本が)独立できてない事に気づいていない。
韓国も同じです。本当の意味で自立はできてません。
10/9の講話(講演会)でその話をします。日本が独立していない完全な証拠があるんです。
日本が独立してから憲法改正という流れ。(改正にはかなりかなり注意を払う必要がある)

1時間9分~エリザベス女王について

エリザベス1世は子供がいなかったが妹がいた。
本当かどうかわかりませんが、その妹はロマノフ王朝の王様と恋に落ち子供ができ、
その子がエリザベス女王(2世)ではないか、という噂がある。
エリザベス女王はイギリス王朝とロマノフ王朝の血をひいているのではないかという書物を読んだ。

日中は仲良くなるべき。中国が日本を侵略しようとした場合は別ですが。
昔、初めて中国に入っていった英国に「白人は中国から出ていきなさい」といったのは日本だった。
その事は中国サイドもお腹の中では知っている。
イギリス王朝が世界の7つの海を制覇し、そして1つの時代が終わった。
エリザベス女王も亡くなったということで、次の新しい時代を迎えると思います。
ここで2年くらいの差があるが、新しい時代がくる予兆がします。(約2年後に新時代幕開け)

気候変動について、具体的にどのような事が起こるのか?

温暖化ではなく冷温化に向かっている。
今は「軽い氷河期」と言われている。
前回の氷河期、聖書に出てくるノアの箱舟、あの大きな災害と同じくらいの災害が来るだろうと考えています。
それを言ってしまうと皆が怖がると思う(から報道されない)
そうゆう災害がくるからこそムーンショット計画が存在する。
三菱地所が海の中で本当に人間が暮らせるのか等、もうやってるわけです。

富士山の根本では環境に適したドームを作って、外がどんなに荒れてもドームの中で生きて行けるのか、もうとっくにやってるわけです。

地軸のズレによって最初に起こること

食物連鎖の変化。
今まで食べていたものが、生物として生きていけなくなる(魚や肉など?)

それより前にやってくるのが経済破綻
皆が怖がって物を一杯集める・資産を集めると物は足りなくなる
これを世界中のみんなで分け合うと、物が余る

6500~7500年前(もっと前かも)シュメールの時代に、もうこの気候変動がいつ来るか知っていた。
その時、気候変動を乗り越えようと努力してきた一族がいる。
遂にその時が来た。

今周りをみていてください。確実に来ています。
人間は気候変動に対応していくので、自殺も増え子供を産む人も減っていく、そのようなデータが出ている。地軸がずれたことで亀が港に戻れない、鮭が港に戻れないとか世界中で起こってる。

以上。

殿下のお話はまだ続きますが。


まず、アメリカの51番目の州が日本ってのは知ってる人は知ってる話ですが、完全なる証拠を示してくださるとなると興味津々ですね。10/9殿下の横浜講演に行かれる方、その証拠を見せて貰えるみたいです。いいな~。

で、次にくる気候変動の大きいのがノアの箱舟級だなんて!!
その為のムーンショットとなるとまた話が変わってくるのですが、私はドームのほうに行きたいな・・(切ない希望)

海底暮らしも素敵だけどちょっと怖い。いや、そもそも庶民なんか入れてもらえないでショ。

ムーンショットは2050年をめどに完成なので、それ以降にノアの箱舟級の大洪水だの大嵐だの来るのだとしたら、、、

政府のHP
ムーンショット目標1 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現
https://www8.cao.go.jp/cstp/moonshot/sub1.html

↑これね、身体が無いって意味と思うんですね。要は身体はもう死んでて、脳だけ(魂?)だけネット上で生かされているイメージ?今のわたしだとこんな想像力しかないのですが、もしかしたらもっといいものだったりするのかしら?

私の魂はワンネスに帰る予定なので、電脳世界はちょっとちょっとと思ってしまう。

さて、現在台風14号が不自然な進行方向、、沖縄でL字型に進行方向を変え、日本列島に直撃する予報が出ていて(韓国を避けるように)

ヤフーニュースは警戒せよ、はやめに避難せよ、みんな準備はできとんかい!と警告ニュースをばんばん出してくださってます。本日天皇陛下は英国に向かわれましたし、日本でなんかヤバイのくるのかな~(;´∀`)皆さん気を付けましょうね。

まだ収穫してない多くの新米たちがなぎ倒されないか心配。(私のものではないけれど)

コメントは受け付けていません。