バリ島暮らし 洗顔スポンジが何カ月経っても劣化しない謎

こんにちは、Candyです。
バリ島暮らしで謎だったことについて書きます。

どんな話か簡潔に書くと、日本ではすぐに劣化して変色してボロっちくなるこの100均スポンジ↓が、バリ島では全然劣化せず大変なことにならず、どうして?どうして?の毎日だったという話です。

こちら、日本の100円ショップで売ってるネットクリーナー。

お馴染みの6個入りで、3つの色が入ってるコレです。

私はこのスポンジを「石けんで洗顔するときの泡立てネット」として長年使用しています。最初は2個で108円の可愛い泡立てスポンジを使用していましたが、100均で見かけなくなってしまったため材質が同じコレにかえ、以後ずっとコレというわけです。

素早く簡単に泡がもこもこになるので便利。ハサミで3等分にカットしネットは不要なため捨て、中のスポンジだけ使用。

これ、私にとってはとても大事なものなのでバリ島暮らしにも勿論、カットした状態で持参しました。スーツケースの隙間に入れて。。
隙間が無くて3個しか入れられなかったのですが。

大体、日本ではすぐにスポンジがへたってしまうので2~3週間毎に新しいものに交換していました。なので3個だとどう頑張っても2.5カ月くらいしか持たないので、あとはバリ島で似たようなスポンジを買えばいいかと思ってた次第。

当然同じように劣化していくものだと断固信じていたのです。
それが。。。
なぜ!?

バリ島の硬水で使い続けても劣化なし

バリは硬水で水が固い。
洗顔は水道からでてくる井戸水です。井戸水は無料。

ハサミでカットして持参したピンクのスポンジ3個。これの1つを洗顔時の泡立てスポンジとして使用していましたが、いつまでたっても劣化しないのでした。

え?( ゚Д゚)

その代わり、色が落ちて真っ白になる怪奇現象。(日本ではこんなならない)

それも、え?(*’▽’)

結局ですね・・・5カ月使用し続けても弾力はこの通り、全く失われず弾力に関しては新品同様。

色はピンク→白へ。

どうでもいいことと言えばそうなんですけど、私にとってコレはすぐに劣化するものでありましたので、いつまでたっても劣化せず色が白くなっていくのが不思議でならなかったのです。

素人考えでは

  • 日本(軟水、塩素入り水道)
  • バリ島(硬水、生水)

が考えられます。

色が白になっていったのはバリの井戸水が原因であると思います。使用しなかった新品のほうはいつまでもピンクのままだったので。

1個がなかなか劣化しないのでずっと1個目を使いつづけ、持参したピンクの2個分はビニールにも入れずその辺に放置で空気に触れまくりの状態で置いてました。

が、空気に触れているのに何カ月経っても変色しません!
それが何?って思われるでしょうけど、これは不思議すぎる現象なのです。

素人考えでは

  • 日本(空気がきたない…とか?)
  • バリ島(空気が綺麗…とか?)

う~ん。。誰か説明して。

日本ではわりとすぐ劣化する

この小さいの2個はもともと同じ色で、同じ個体をカットしたものです。2つとも新品で一度も使用してない。汚い色に変色しているほうは、空気に触れる状態で放置したもの(およそ2カ月くらいかと)

綺麗な水色のほうはビニールに入れてテープで留め、空気が入らない状態で保管したもの。置き場所は同じところ(引き出しの中なので日光も当たりません)。

日本ではスポンジが空気に触れたまま保管していると、空気に触れた部分だけが変色するのですが、これが普通の現象と思っていた為、バリ島では5カ月間、全く変色しなかったことが謎で謎で気になって仕方がなかった。

絶対なんかある!
絶対なんかある!

空気のせいじゃないの?
それ以外何があるの?
湿度とかも関係ある?
ちなみにバリ島の湿度は日本よりだいぶ高かったです。もわぁ~。

汚い写真ですみません。
これまたピンク以外は全部同じ水色のスポンジなのですが。

日本の水道水で洗顔するときのみ(朝、晩)石けんをつけて泡を作る作業をし、使用2週間でぼろっちくなりはじめ、使用一カ月で見るも無残な形になります。

流石に使用一カ月というのは、今回写真を撮るために無理やり使用し続けたものなのですが、普段は劣化が見え始めたころ、廃棄して新しいスポンジと交換します。

でもおかしい。
バリ島で5カ月使用しても劣化せず、弾力もばっちり。もう1年くらい交換しなくても大丈夫なんじゃない?ってくらい。

ちなみに使用石けんは、私が作っているハンドメイド石けん。

そして、バリ島で買った似たような別のキッチンスポンジで、食器用洗剤を使って食器を洗うと、2週間ほどで弾力がなくなりボロボロになりました。

このサンライトという安い食器洗剤はバリのスーパーで買えるもので、汚れ落ちがよく、泡切れもよく、手荒れも全くしませんでおススメです。

日本のJOYをせっかくバリに持って行ったのに硬水×JOYのせいか?すぐに酷い手荒れ発症。一カ月ほどとてもつらかったです。ちなみに日本国内でJOYを使っても私は手荒れしない。なぜ・・

サンライトのボトル入りも売ってますが、ボトルがペコペコなので非常に使いづらく、、ボトルはJOYに詰め替えて使用してました。

なんだかいろいろ納得できないので、次また1か月以上海外で暮らす際には同じスポンジ持参して、その国ではどうか?を試したいと思います。

と言っても基本、長居するのはバリと似たような環境の東南アジアですが。

歯ブラシもなかなか劣化しなかった

他にもありました。日本で使用している歯ブラシを持参しましたがなかなか劣化しない、替えブラシを2本持って行ってたのにいつまでも綺麗なままキープで困った。替えブラシ、新品のまま持って帰る羽目になるのではないか?(無理やり使うの巻)なんだか無駄なことしたなぁと反省。

そしてこんなことを書いてる人もネット上に居なさそうだったので、こんなしょうもないことに衝撃を受けている私はオカシイのか?そもそもスポンジなんてどこでも買えるもの、わざわざ持って渡航しないのかもしれない。

明日はインドネシアのびっくり、でかすぎる歯ブラシ記事でも。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です