アンカー ソーラーモバイルバッテリー10000mAh

こんにちは。

先日のアマゾンセールでアンカーのソーラーモバイルバッテリーを購入。万が一の災害時や、数日にわたる停電時に1つ持っていれば安心、と思って買った次第。

早速使ってみまーす。

  1. 本体、(10000mAh)
  2. microUSBの線、
  3. 長さが足りないストラップ、
  4. 多言語説明書(日本語あり)

6.67インチのスマホとほぼ同じ大きさ。

厚みが結構あります。
そこそこの重さ。

裏側。

ライト付き。

説明書はなかなかシンプル。

見た目もお洒落で結構お気に入り♪

左の小さいのは、2018年2月頃に購入したアンカーのモバイルバッテリー(10000mAh)。特に劣化もなくまだ元気です。満充電したまま半年も放置してますが、今も満充電のまま。電池が自然放電しないのが良い。

ソーラーバッテリー付きのほうが随分大きなサイズに見えますが、重さは同じくらい。

私が使用しているXiaomi Redmi Note 10 Proのスマホは5000mAhなので、2回充電可能。

外に出てみました。
あっつ・・

太陽から充電している場合は太陽マークが点灯し、右横の4つの●も点滅。ソーラー充電は満タンになるまで数日かかるとのことで、普段使用することはなさそう、停電時のオマケ程度に考えてます。

今日は自転車で走りながら前の籠にいれてたのですが、信号で止まった際、影にはいったらソーラー充電が停止。カンカン照りじゃなくても少し曇ってるかなぁ~程度でも充電してました。

アマゾンの商品レビューでは、ソーラー充電できないなど不満が書かれてて不安になりましたが、充電はしていますね。今50%のランプが点滅してるのですが、それが75%のランプ点灯まで何時間かかるのか(何十時間?)まだわからない。

1点だけ残念なことは、ストラップが短かすぎてカバンに吊り下げることができん。

アマゾンの商品ページより引用

・太陽光による本体の満充電は、晴天下でも数日かかります。普段のご利用時には最大出力10.5W以上の充電器(別売り)で約5.5時間で満充電できるMicro USBケーブルを利用した充電を推奨します。

・太陽光で効率的に充電するためには、太陽光がソーラーパネルに正面から直射するよう向き / 角度を調節する必要がございます。

・完全防水ではありませんので、水の直接噴流や水面下でのご利用は避けてください。

スマートウォッチやBluetoothイヤホン、その他の小型電子機器への充電を行う場合は電源ボタンを2回押し、低電流モードをご利用ください。

・本製品にはポーチは付属しておりません。

・太陽光による本体の充電中は接続機器への同時充電が可能ですが、接続機器の温度上昇にもご注意ください。

・Micro USBケーブルでの充電時は、接続機器へ充電できません。

・製品を長期間利用されない場合は、少なくとも3ヶ月に一度は利用および満充電してください。

・高温注意インジケーターが点灯している場合、本製品の温度が動作上限温度を超えています。温度が下がるまで待っていただき、消灯後にご利用ください。

ライトの利用方法

-電源ボタンを2秒間押し続けると、ライトのオン / オフが切り替わります。

-ライトをオンにした後、電源ボタンを1回押すごとに低照度、高照度、SOSフラッシュの各モードに順に切り替わります。

コメントは受け付けていません。