災害対策|初めて「寝袋」買いましたレビュー

こんにちは、Candyです。

災害対策として寝袋を買いましたのでレビューします。これでキャンプに行くのなら楽しいでしょうけど、そんな予定はなくただの災害対策なのです。

キャンプしない人が買う寝袋 想定場面

  • 車で寝る
  • 避難所で寝る
  • 真冬の電力不足で、計画停電を実施された場合の寒さ対策
  • ブラックアウト等で停電した場合の寒さ対策

来年2月の深刻度、真冬の大停電か!? 電力需給逼迫!寒波襲来、発電所の不具合起きれば「全域停電」も 背景に「火力」停止
2021.11.8
https://www.iza.ne.jp/article/20211108-XET6OEAFBFN4PPEXIQM543EJHY/

真冬の大停電は起きるのか。国内の冬の電力需給が過去10年で最も厳しくなることが分かった。太陽光など再生可能エネルギーの拡大に伴い火力発電所の供給が低下していることが大きな要因で、東京電力管内では来年2月にギリギリの状況を迎えるという。寒波の襲来や発電所の不具合などがあれば、「ブラックアウト(全域停電)」のリスクも浮上する(以下省略)

本州は余剰電力3%台しかないとのこと。。
大丈夫とは思いますが。

安い寝袋、レビュー

熱処理で完全密封された厚手のビニール袋に入っていましたので、在庫保管時に虫の混入などもなさそうなので安心、と思いました。とは言っても中国製なので、密封前に混入してる可能性もないとは言えないけれどぅ。

アマゾンのブラックフライデーでガクンと値下がりしたときにポチリ。1つ1946円ときた。

通常価格2780円←通常でも破格値。

サイズは1.7キロで注文しましたが、なぜか届いたのは両方1.8キロでした?!

袋は肩からさげられるようになってます。

表生地はサラサラでいい感じ。中のグレーの生地はちょっといまいち。でも価格からしてそこまでは言えない。

「ライトブルー」、とってもきれいな色。

寝袋の中に入ってみましたが、身長157cmの私だとゆとり有り、暖かい。ファスナーを全部閉めても肩のところが狭苦しいこともなくだいぶゆとりがある(ただし今薄着)。頭の部分は紐があるので、巾着のように絞れば帽子みたいになって風が入ってくるのを防げます。枕は別途欲しいところ。

暖房しの屋根裏で寝袋に入っているのもありますが、結構暖かい。しかし外だとこれだけでは無理そう。保温性のある服を着て、下にヨガマットを何枚か重ねて冷気が伝わらないようにすればいいかな。

チャックもまぁまぁしっかりした感じ。ゆっくり開け閉めしないと、噛んでしまうと大変です。

ファスナーを全開すると、一枚の掛け布団みたいになります。

では元のように収納してみましょう。この収納が大変らしく、袋が小さすぎて入らない、という意見をあちこちで見ました。どんな寝袋でも袋に入れるの難儀するみたい。

右はオレンジの寝袋。嵩としては半分くらいにするかんじでしょうか。

袋に入れるのは全然無理だったので、ダイソーの衣類圧縮袋で小さくすることにしました。良いアイデア!

しかし、50×60cmの圧縮袋ではピッタリすぎてスライダーを使っても封がなかなかできない(^^;

圧縮袋はもう1周り大きいのを買う必要あり。

なんとか仕舞いました。
もう嫌。

袋に入りました。
もう出したくない。

オレンジも、破れ等ないか検品しなくては・・
でも出したらまた収納するのが大変~なので、これはもうこのままにしておきます。

オレンジの色は少し暗みのかかったオレンジなので、アマゾンのページにあるような綺麗なオレンジ色ではないですね。ライトブルーはめちゃくちゃ綺麗な色ですが。

寝袋を買う予定はなかったのですが、災害対策で買ってる人も増えているようで、やっぱり買っといてよかったです。

寝袋に初めて入ってみた感覚は「なんだか楽しい」でありました。そうです。楽しいのです!子供だともっと喜びそう。

こんな使い方も♪

今回買った寝袋は以下の商品です

サイズ:1.7kg
色:ライトブルー、オレンジ
充填材料:コットン
外装素材:コットン, ポリエステル

本体サイズ:約220×75cm
封筒型(首元から足元まで同じサイズ)
収納サイズ:38×26cm
重量:1.7kg
快適温度:5℃~15℃

オールシーズンに適応
『メーカー保証』1年間品質保証、質量の問題&不良品ため、無料で交換します、ご安心ください。

ご自宅の洗濯機で丸洗いOK(洗濯水温は30℃以下で)

出荷元 Amazon
販売元 マイニチ生活館

春夏用に、薄手の封筒型寝袋

最悪の事態 食糧難に野草の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。